クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

『家庭音楽会』お父さんが<指一本>で参加できるアンサンブル

 今日『家庭音楽会』のアレンジ譜の第1号が刊行されました。曲はサン=サーンスの「動物の謝肉祭」より『白鳥』。これ等のシリーズは、家族全員で行うアンサンブルで、お父さんが<指一本>で参加できるようにアレンジされた珠玉の小品たち、その第1号としてサン=サーンスの『白鳥』が電子出版されました。

 従来の(そして現在も)家庭における子供のお稽古事は、一家で子供だけが音楽教室に通いレッスンを受け、お母さんは子供の練習の監視役、毎日々々「練習しなさい!」と子供のオシリを叩く役割・・・そして、お父さんは「蚊帳の外」・・・。こんな環境で、子供は練習が苦痛になるばかり・・・ついには<音楽>そのものさえ嫌いになりそう......。そんな様子を横目に見ながら、その実お父さんは『もしもピアノが弾けたなら......』と、心中密かに呟いていたりするものです・・・。

 そんなお父さんの為に<指一本>で参加できるようなアンサンブル楽譜を出版して、家族全員でアンサンブルの喜びを体験できる様な環境を提案しよう・・・と言うのが、このプロジェクトの目的です。アンサンブルほど『音楽の喜び』を強く深く感じさせてくれるものはございません。家庭の中に<音楽の喜び>が芽吹き、一家の『絆』が更に強いものとなって行くでしょう。

 jmc音楽研究所は音楽電子出版と同時に、プロ・アマチュア・愛好家の集団である『音楽仲間』の発表演奏会の1コーナーとして、誰でもが自由に安心して参加できる「家庭音楽会」の枠を提案して行こうと考えています。
<販売サイト>http://jmc2001jp.cart.fc2.com/
(<VierWeg家庭音楽会>電子書籍/サン=サーンス「白鳥」)
d0016397_22145946.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-17 22:15