クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

カテゴリ:イベント情報( 83 )

 私の長男が<別府大分毎日マラソン>に出場、家族で大分を訪れ、本番2日前には別府で私の誕生祝いもやってくれた。我々の主たる目的は孫に会うことで、(仕事の都合で)マラソンの応援は叶わなかった。

 本番当日、受付会場で新聞社の取材に会ったらしく、写真の掲載された毎日新聞を送ってきてくれた。白い長テーブルを挟んで、向かって右側が長男家族。手前に孫、お嫁さん、長男が写っている。

 息子のマラソン、3時間7分で完走したそうで、一般ランナーとしては悪くない記録だろう。「よく頑張った!」と褒めてやろう。孫も可愛く写っていて、こっちには「デレデレ」だ・・・。
d0016397_16064803.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-13 16:07 | イベント情報

『時の重み』

 29日(水)は第14回“日本酒を味わい尽くす会“、久し振りに友人達との心楽しい時間を過ごしました。今回は特に5月に急逝した同級生を偲んで<黙祷>と<献杯>を捧げました。

 「1分間の黙祷」が通例だと思いますが、<1分間>に果たして耐えられるか?・・・難しいのではないかと考え、50秒ほどにしようと思って「黙祷」に入ったのですが、30秒程で「もうイイですか?」とのツブヤキが・・・・そこで黙祷は終了となりました。
 
 「黙祷」する場合、1分間と言うのは本当に長い時間です。ほとんどの人が、その『時の重み』に耐えることが困難な程です。「ああ、一分間とは長く重い時間なのだなぁ」とつくづく想います。それ程『重い時間』を生きているのに、普段の我々は「なァ〜んとなく、そよ風が吹くように」過ごしているのですね。

 さて今回の“日本酒を味わい尽くす会“、故人に敬意を払って特別な大吟醸を取り寄せました。特別純米大吟醸“梵“、大吟醸“黒龍“それに我々の愛飲酒「菊姫」“鶴乃里“です。宮内庁御用達の“梵“は二割三分まで精米した大吟醸ですが、やや甘口。政府専用機に採用されている“黒龍“は、口当たりのしっかりとした酒で好印象でした。しかし何と言っても一番飲みごたえがあるのは“鶴乃里“ですね。酒飲みをしっかりと満足させる硬派の日本酒、一切の<媚び>というものが無い。
<第14回“日本酒を味わい尽くす会“のスタート>
d0016397_20436.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-07-01 02:00 | イベント情報

紹介された『計画』

 jmc音楽研究所が取り組みつつある『計画』が7月7日刊行の書籍<今年のヒットはこれだ2016>(ミスター・パートナー出版部)で紹介されています。(タイトルと本文を転載いたします)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
音楽家と社会を結ぶ接点を構築
演奏機会の開拓に情報技術活用

(音楽教育者の斎藤秀雄氏に師事した経験を生かし、音楽家の育成と演奏機会を広げるマネージメントに情熱を傾ける。)

  クラシック音楽家と社会をいかに結びつけるか。35年にわたり音楽家の育成と活動の場を広げるマネージメントに力を注いできた『ジェイエムシー音楽研究所』の代表大畑恵三さんが、4月から「Tom-net福岡(トーサイ・ミュージック・ネットワーク福岡)」の名のプロジェクトを始動させた。これまで追求してきた課題を時代の流れの中で見直し、情報技術などを活用して目標の達成を目指す集大成的な活動だ。

  「最新の情報技術を使い、音楽家、顧客取引先、イベント、イベントと音楽家のマッチングの4つの管理機能を持つホームページを構築し、この夏に稼働させる計画です。音楽家のデータベースも蓄積し、音楽家と社会を結ぶ接点として役立てていただきたいと思っています。これと平行して音楽家が得意分野や演奏会のスケジュールを広く広報できる音楽家専用のホームページを提供することも考えています」
 4月からは若手音楽家の研鑽を支援する活動をスタートさせた。
 「研究所に併設した小ホールを若手音楽家の研鑽の場として活用する企画です。プロフェッショナルなソリストや新しいアンサンブル・ユニットの誕生を目標に研鑽の場を提供します。又、売れる演奏プログラムの研究開発や新人発掘の機会にも繋げたいと思います」

  桐朋学園大学で指揮・音楽教育者の故斎藤秀雄氏に師事し、ウィーンに留学して帰国後、「ジェイエムシー音楽研究所」を立ち上げた大畑さんは、マルチメディア技術を駆使した画期的な音楽電子書籍「VierWeg(フィールヴェーク)指揮法入門」で注目を集め、一方で全国の自治体や公共ホールでの演奏機会の開拓にも力を注いできた。
 「プロジェクト名のトーサイは斉藤先生のニックネーム。その音楽への情熱、生き様から多くを教えて頂いたことへの恩返しだと思っています。    (ライター/斉藤紘)
<今年のヒットはこれだ2016(ミスター・パートナー出版部)7月7日初版>
d0016397_2250196.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-06-22 22:50 | イベント情報

春夏の花壇

 今日の日曜日は、春らしい穏やかで暖かい一日でした。春夏の花壇の準備をしたくて、花の苗を見に二つのお店をみて周りました。結果、ホームセンターにお目当ての苗を発見して、諸々の付属品も併せて購入いたしました。

 12時に自宅を出たのだけれど、春の日曜日はもの凄い人出で、駐車場も長蛇の列、随分と待たされました。買い物も3回に分けて購入、その度に購入商品を車のトランクまで運びます。買い物をカートに入れようにも。カートその物が見つからない。結局、買っては運びを3回繰り返しました。3回目は腐葉土を買ったのですが、幸いこの時はカートを見つけることが出来たような次第です。

 2時くらいから花壇の準備を始めました。何しろ1から始めて10までの手順を踏まなくてはならないので、随分と時間がかかります。全ての作業を終えて春夏の花壇「サフィニア」が完成したのは、翌日の午前1時。買い物の始まりからすると13時間を要したことになります。それでも気分はスッキリ!、ストレス解消には「お花の世話」が一番のようです。
<完成した春夏の花壇「サフィニア」>
d0016397_4324616.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-04-11 04:33 | イベント情報

桜の“開花宣言”

 この連休、神奈川の長男夫婦が遊びにきてくれた。勿論、3歳になった孫を連れてきてくれた訳で、この3日間は孫と遊んで満足している。お天気も良く、お墓参りにも行けて大変結構な休日だった。

 月曜日の午後に帰るので、博多駅までお見送りして、短い“孫”との時間もおしまい。久しぶりに仕事もせずに孫と遊んだり、親族が集まって呑んだり食事したり・・・なかなか楽しい3日間であった。

 20日、福岡と名古屋は全国に先駆けて“桜の開花宣言”を行っている。20,21日と晴れの暖かい日が続いたので、我が家の近くの桜並木もほころんでいるに違いないと、孫を見送ったその足で桜並木まで車を走らせた。

 小枝に蕾を一杯つけた桜並木には、ほんの少しだけ桜が花びらを広げている・・・日本人が心待ちにする“春”が来たのだ!
<蕾を沢山付けた桜並木/開花を宣言する桜>
d0016397_20462455.jpg


d0016397_20465476.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-03-21 20:47 | イベント情報

雪景色、サロンは延期

 平成28年1月24日(日)、北部九州は10年来経験したこともない程の雪、気温も氷点下2度と言うこれもココ10年以上体験したことが無いお天気です。電車は走ってはいますが、車の往来は非常に少なく、朝から細かい雪が降り続いています。

 今日は第109回の音楽サロンを計画、準備も万端調っていました。しかし午前10時(降り続く雪を見て)今から12時間後に、降り積もった雪の中にサロンのメンバーを帰すことは出来ないと判断、延期を決意いたしました。出演者との日程の調整を行い、2月28日(日)への延期が決定、参加予定者に電話を入れて延期を伝えました。

 一昨日(金曜日)に参加したWeb.セミナー。facebookの新たな情報を得て、jmc音楽研究所の<教室>と<電子書籍>、更には<音楽事業部>それぞれについて、新たにfacebookページを作成することにいたしました。現在は<jmc音楽院(音楽教室)>のサイト構成を決めて、画像資料などのピックアップ作業が進行中です。サロンが延期になったので、今日はWeb制作に集中いたしましょう。
<雪景色の研究所前>
d0016397_14512674.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-01-24 14:55 | イベント情報
平成28年 1月24日(日)   PM6:30 開演
会場:ジェイエムシー音楽研究所 2F ホール

【音楽】
ソプラノ  永渕くにか  ピアノ 植村和彦

【新年会】
宝剣/純米吟醸  生酒(広島)
田酒/特別純米(青森) 
石鎚/ 純米吟醸 緑ラベル(愛媛)
作/純米吟醸 雅乃智(三重)

 新年は恒例の日本酒の例会です。私が主宰している<日本酒を味わい尽くす会>と言う会がございまして、これは高校の同級生の<酒と音楽>が好きな友人12名の集いですが、これまで10回程の例会を開催しております。この会で、毎回美味そうな酒を選んでは、燗付けの温度を5度刻みで変化させながら、味の変化を楽しんでおります。それ等の酒の中から、『これは美味いッ!!』と思った酒だけを、今回のサロンに集めました。

 肴も吟味して揃えます。2014年の“jmc欧州音楽の旅”でフランスを巡りました。巡った街の郷土料理と地元産のワインのマリアージュを楽しむことを「主眼」の一つに置いてプランを練った訳ですが、それぞれのマリアージュが『その場に倒れ込んでしまう』程に素晴らしく、忘れられない想い出となっています。それ以来、日本酒で『コレ』が出来ないか・・・と思い続けてまいりました。今回もチャレンジしますが、今後時間を掛けて追求してゆきたいと考えています。
<第109回jmc音楽サロンの案内ハガキ>
d0016397_1641207.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2016-01-18 16:43 | イベント情報
 jmc音楽研究所のブログ《最新情報》の来訪者数が31日22時30分“10万カウント”を達成しました。何と言っても延べ10万人の方々に読んで頂けたわけですし、それも年度の終わり、12月31日夜10時30分・・・区切りとして、達成感もひとしおと言った感じです。

 そう言えば、今年もこれでおしまい。1年を振り返ってドウだったのだろう・・・?ここ数年はクラウドについて研究していましたが、知れば知る程<途上>の技術だとの印象でした。沢山のクラウド関連会社があるけれど、それぞれ得意分野というのが違っていて、「☆☆が便利」と言っても、それから発展させるにはプロフェッショナルなシステム・エンジニアのスキルを要求されて、一般には現実的ではない。ウイルス対策が万全と聞いていたが、クラウドの内側だけの話で、その上に乗せて制作した部分については、こちら側で対策を立てなくてはならない。それやこれたで、実際上一般人がフル活用できるレベルにまでは成熟してはいないのだ。「コレいいよ、コレいいよ」と言われて首を突っ込むと、(言ってませんでしたが)「実はアレがダメなのです」・・・とマアこんな具合です。

 それではWebの制作ソフトは?・・・と調べてみても、「こんな制約」や「あんな制約」があることは、伏せられたまま・・・そんな「制約」を発見して・・・「使えないかな?コレ・・」と言った感じです。新年が明けると、Web制作の世界にどっぷり浸かって、しばらくは浸かりっぱなしとなるでしょうね・・・。2016年はそんな一年になるのでしょうか・・・。

 今年も残す所あと1時間あまり、一年間《最新情報》を読んで下さり、ありがとうございました。どうか良いお年を御迎えください。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-12-31 23:11 | イベント情報

もうすぐ延べ10万人!

 「音楽ブログ・ランキング」に参加している私のブログ、《最新情報》への来訪者数が、もうすぐ10万人をカウントします。29日深夜1時の時点で、99940。夜が明けたら10万を達成してくれることでしょう。読者の皆様、本当に有り難うございます。

 このブログは2005年にスタートしました。 「音楽ブログ・ランキング」に参加したのは数年後の事だったとおもいます。その時期は、ちょうど電子書籍の開発に着手した頃で、将来的に電子書籍や日本のクラシック音楽家の為のマネジメントを稼働させることを考えて、<皆さんに知ってもらえるような環境>を調えたいとの願いから始めたものです。

 10年で10万人、「読んで面白い」と言えるのかが非常に不安なブログですが、それでも延べで10万人の方々に読んでいただけたのは、全く以て<感謝>の一言です。

 ひとつどうしても《不思議》な事があります。 「音楽ブログ・ランキング」には(人気)投票用のボタンを設置できるようになっていて、face bookの<いいね>ボタンのような働きをするのですが、私は最初からそのボタンの設置をやらなかったのです......ボタンを設置しなかったにもかかわらず、10万人近くの方の来訪が表示されている・・・どんな仕組みになっているのでしょうねぇ?
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-12-29 01:31 | イベント情報

早々と“忘年会”

 12月2日(水)は第12回『日本酒を味わい尽くす会』を開催、早々と今年最初の忘年会となりました。メンバーから11名と30年後輩に当たるジャズ歌手をゲストに招いて、総勢12名の例会となりました。

 準備した酒は『高清水 生もと特別純米酒』(秋田)と菊姫『鶴乃里』(石川)、それに同級生が趣味で酒蔵に作らせた銘柄で『友蔵』(純米吟醸)、更に佐賀の純米酒四合瓶の手土産が加わって、二升八合の酒を12人で楽しみました。

 我々はデジタル温度計を持ち込んで、5度刻みで燗付けの温度を変えて、味の変化を楽しんだりしているのだけれど、これまでの経験でどうやら35度Cにつけたお燗が一番美味しいという結論に達している。もちろん酒の個性は様々だから熱燗向きの酒の場合、45度Cかそれ以上に音度を上げても面白い変化を見せる酒もあるには有りますが、一般的に上質の日本酒を飲む場合、35度Cがベストである場合がほとんどのようです。

 菊姫は、いつもながら全員を唸らせる見事な出来映えですが、今回「友蔵」の出来が秀逸であったのが印象に残りました。
<左から、菊姫『鶴乃里』・『高清水 生もと特別純米酒』・「友蔵」/最初の乾杯>
d0016397_15513788.jpg


d0016397_1552965.jpg


 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-12-03 15:52 | イベント情報