クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 明日9月30日(火)福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)で『世界の名チェリスト堤剛と桐朋の新しい風』の演奏会が開催されます。

 これは桐朋学園音楽部門同窓会九州支部の主催になるもので、<第1回桐朋学園音楽部門九州・山口新人演奏会>として、九州支部の同窓会が初めて取り組むものです。

 客演に現学長の堤剛氏。バッハの無伴奏チェロ組曲第1番やコダーイの無伴奏Op.8などを演奏。新人の部門ではハープの朝永侑子さん(ルニエ:伝説)、フルートの森山仁美さん(尾高尚忠:フルート協奏曲)、ピアノの田中菜緒子さん(ショパン:幻想ポロネーズOp.61)が出演なさいます。桐朋の後輩の演奏に期待いたしましょう。

 入場料 当日券 一般3000円 学生2000円
d0016397_19564860.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-29 19:58 | イベント情報
 「音楽情報プラザ」《クラブ・アンティミテ》に新たに<音楽家紹介プログラム>登録用紙のボタンをアップいたしました。

 《クラブ・アンティミテ》会員「お申込」ボタンの隣です。お申込いただいた<一般会員>(20歳以上)の内、<音楽家>(音楽大学卒業者)の方にご登録いただけます。登録料は無料、全国どこからでもお申込いただけます。

 実技の教師を探している方や演奏を依頼したい方と音楽家を結びつけるためのプログラム。全国からの登録を受け付けますが、サービスをスタートさせるには一定数以上の音楽家の登録が必要です。条件が満たされた地域から順次スタートすることになります。先ずは、音楽家の皆さんの登録を!

 登録用ボタンのアップで、《クラブ・アンティミテ》関連の作業は一段落となります。(少し)ヤレヤレです。明日からは《e-Book楽典》「中級2」の制作に取りかかる事にいたしましょう。
...........すっかり秋らしくなりました...........。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-29 19:19 | jmc支援事業
 jmcホームページの「音楽情報プラザ」に《クラブ・アンティミテ》をアップいたしました。このクラブの活動の内容や仕組みを出来るだけ分かりやすく......と考えて、まとめてみました。

 作った文章をHTMLに書き換えるソフトは(やや)すんなりとは行かないところもあります。予定したレイアウトと違うように出力されてとまどったりしますが、まだまだ初心者ということでご容赦ください。

 まだアップはしていませんが<SNS>で会員同士の交流や情報伝達することを考えています。現在テスト・ケースでOCNのサイトのβ版で作ってみました。新しく入会される会員に招待メールを送る事で実験をスタートさせる予定です。

 ところでどなたかmixiのメンバーの方はいらっしゃいませんか?mixiについても調査したいなと思っていますが、どなたかの「招待メール」を頂いてからでないと中に入れないようですね。

 どなたか私を招待してくれませんか?アドレスは下記の通りです。
宜しくお願いいたします。

jmc_music2001jp@ybb.ne.jp  大畑惠三
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-28 02:19 | jmc支援事業
 秋山和慶さんと4年来準備を進めてきましたThosai-net、その第1歩となる「クラブ・アンティミテ」を、いよいよスタートさせる時期にさしかかりました。

 スタートは私の本拠地である福岡のjmc音楽研究所。10月25日(土)をその第1例会として、第1歩を踏み出そうと思います。

 夜7時スタートで、最初ですから私が50分ほどThosai-netやクラブ・アンティミテの目的や運営方法についてお話をしようと思います。お話の後に質疑応答の時間を10分、若しそれ以上の時間を要するようであれば、「質問」だけを受け付けて「お答え」をテスト運営中の<SNSクラブ・アンティミテ>の場に掲載することにいたします。

 8時からは15分間の音楽プログラム「音楽の自己紹介」として参加メンバーに演奏してもらいます。

 8時15分から<小パーティー>、簡単な食べ物と缶ビールやウーロン茶を飲みながら気楽な交流の場を持ちたいと思います。第1回ですから、全員に簡単な「自己紹介」をしてもらうことになるでしょう。

 20歳以上の「音楽家」及び「音楽愛好家」であれば、どなたでも参加ができます。下記【お申し込み】方法でjmc音楽研究所まで。参加者には実験的にスタートさせた<SNSクラブ・アンティミテ>の招待メールをお送りいたします。

 時間/19:00-21:00。会費は2000円、会場はjmc音楽研究所2Fホール。交通アクセスはホームページ「交通アクセス」を参照ください。

 jmc音楽研究所 URL http://www.jmc-music.info/

【お申し込み】
  メール・タイトル「クラブ・アンティミテ参加希望」
  記入事項 1)氏名(ふりがな)
       2)種別 <音楽家・音楽愛好家>
       3)性別 <男・女>
       4)年代 [     代]
       5)住所
       6)E-mail TEL. FAX.
  アドレス  jmc_music2001jp@ybb.ne.jp  まで
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-26 15:08 | jmc支援事業
 9月21日(日)は久しぶりに指揮者の秋山和慶さんとお会いしました。オーケストラ定期演奏会のリハーサルの後、ホテル・ロビーで2時間程打ち合わせをいたしました。

 トーサイ・ネットの計画で最後に残っていた「地域ごとの組織」を、どのよな形態にするのがベストかについて、話し合ったのです。直接「人と人」が接する場ですから、様々な状況を想定して、目的の達成と将来的な発展を可能とするものでなければなりません。思考に思考を重ねて、やっと一つの結論に達しました。後は実際に試運転して、改良すべき点の有無について検討することになるでしょう。

 10月の第3土曜日(25日)をその第1回の集いにしたいと思います。いよいよ外に向かっての第1歩を踏み出す時がやってきました。会の名称は《クラブ・アンティミテ》互いに慣れ親しみ、友達になることから全ての第1歩が始まる・・・と言う思いから付けられた名称です。

 詳しくは、後日・・・
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-23 09:31 | jmc音楽教室
 今週の月曜日(敬老の日)は大学オーケストラ連盟の指揮法講習会でした。今年で連続6−7年にもなりましょうか。いつもは夏休み期間に開催されているものです。

 会場は九州大学大橋キャンパス、もとの九州芸術工科大学。ここ数年はこのキャンパス内の教室で開催されています。

 今年は例年より一歩先の課程まで進むつもりで張り切っていました。指揮法の理論と実技の第1歩から、さらに先の具体的な指揮技術にまで進む予定でしたが、2時間経つと<ココまで>・・・と、予想外の展開!

 結局、30分延長して例年の課題を学習するまでで精一杯となりました。(残念!)例年は休憩を挟んで4時間ほどとっていたので、全くの不意打ちです。(念には念を入れて、時間数まで細かく確認しておくべきですネ...私の失敗です)

 それでも受講生の反応は良かったようで、来年も受講したいとの声も出てきたようです。喜んでもらえたのは何より・・・。いつものことながら、学生を教えるのは大変面白く、私にとっては大好きな事の一つです。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-20 23:06 | jmc支援事業
 新たに「所長の音楽日記」をスタートさせようと思い、ライブドアーのブログを初めて試みることにいたしました。

 作ってみて、トップ・ページの淡いブルーがきれいだなと感じましたが、いかんせん両側にコレデモカッ!・・・っとばかりに広告が睨みつけてきます。

 何だか両側をヤーさんに囲まれながら、狭い路地を一人歩いて行く気分にさせられ、心細いことこの上ない.......。ある種のスゴミがありますね....

 とりあえず、ライブドアー版のブログのアップは中止いたしました。どこかにお気に入りのサイトがあるでしょう・・・きっとネ!(少々お待ちください)
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-20 01:47 | 芸術随想
 <e-Book楽典>「中級1」(ダウンロード版)が、ついに完成いたしました!さっそくのご案内です。・・・出来立てのホヤホヤですね!

[目次]
第1章 倍音・和音・音階
 (倍音・主要三和音・音階の構成音・三和音の名称と記号・主要三和音と副三和音)
第2章 音程
 (主要三和音と副三和音・変化記号による音程の名称と性質の変化)
第3章 音階と音程・音程の転回
 (音階と音程・音階の転回・協和音程と不協和音程)
第4章 幹音と派生音−1
     (幹音)
第5章 幹音と派生音−2
     (派生音/シャープとフラットのついた音名)
第6章 幹音と派生音−3
     (派生音/ダブルシャープとダブルフラットのついた音名)
第7章 音高表示・異名同音
     (音高表示・異名同音enharmonic)
第8章 和音の基本形と転回和音
     (音階上の三和音の名称と記号・和音の基本形・転回和音)
第9章 七の和音
     (七の和音・七の和音の転回形・属七の和音)
第10章 音階上の三和音−1
     (C dur / a moll・G dur / e moll)
第11章 音階上の三和音−2
     (D dur / h moll・A dur / fis moll)
第12章 音階上の三和音−3
     (F dur / d moll・B dur / g moll / Es dur / c moll)
《演習課題》第8章・第9章・第10章・第11章・第12章
d0016397_1333982.jpg

【音楽の森】に深く分け入る道すがら、必要な知識を増やして<音楽の仕組み>の発見に備えます。最終章の後には《演習課題》を設けています。この練習は将来に非常な高度の能力を身につける「第一歩」としての訓練です・・・楽しみながらやってください。

価格1000円(刊行記念特別価格/800円:平成21年3月31日まで)
ご注文はホームページ「音楽市場」<e-Book書店/e-Book楽典>(申込書)にて
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-17 22:12 | jmc音楽教室

『歌唱クラス』のこと

 ホームページのリニューアルに伴い、音楽教室をより詳しく案内ができるように、窓口を新設いたしました・・・と言っても、現在「工事中」ではありますが・・・その一つが「歌唱クラス」です。

 「歌唱クラス」は月3回(月会費5000円)水曜日の11時より始まります。女声コーラスなどを経験してきた方たちが、日欧の歌曲の名曲をそれぞれ選曲してチャレンジしています。

 年齢は還暦を迎えるほどの方々ですが、勉強の意欲の旺盛なことには、本当に感心させられます。プッチーニやモーツアルトのオペラ・アリアにチャレンジする人もいれば、ドヴォルザークのドイツ語の歌曲などにも挑戦しています。

 楽しみながらも意欲的に取り組む姿を見ていると<素晴らしい人生!>だなぁ・・と心の底から思います。音楽が果たせる素晴らしい役割を、ここにも発見することができます。今後も《音楽と人間の幸せな出会いの場》をもっと沢山作ってゆきたいと思っています。

 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-17 18:33 | jmc音楽教室
 研究所のホーム・ページを、さらにリニューアル!(もう、障害も無くリニューアルできるようになりました。△△の手習いの成果です!)

 さて、メインブログ「最新情報」はエキサイトから利用させてもらっていたのですが、デザインが好きだったし、操作方法が分かっているのが理由で<所長の音楽日記>も<トーサイ・ネット>もエキサイトを使用していました。

 ところが最近、新規更新しようと思うと、メインの「最新情報」しか投稿ができなくなっているのが判明。やむなく他の2つのブログは〔アーカイブ〕として《音楽情報プラザ》ページの下部に保管することにいたしました。

 <所長の音楽日記>に代わる新しいコーナーを設置する必要があります・・・・どのようなコーナーとしてリニューアルするのか、この際良く考えてみようと思います。(たとえば読者と対話や交流ができるコーナーとか・・・)
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-09-17 03:25 | 音楽企画制作