クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 NPO法人師範塾の主宰する「親学教室」(9月下旬〜10月下旬、全5講座)が終了した。西日本各県より定員をオーバーするほどの参加者が集まり、盛況の内に終える事が出来たのは何よりだと思います。

 21世紀を迎えた時、北欧のスェーデンの大学生たちが、国内の百歳を超えるお年寄りを対象に「20世紀を丸ごと生き抜いて、一番心に残ることは何でしたか」とアンケートで尋ねたそうです・・・その答えは「家族の崩壊です」の一言でした。

 師範塾の塾長は、これを「人類の文明史的な課題」だと指摘します。日本の教育の再生をミッションに創立された師範塾ですが、その延長線上に「家庭の再生」のテーマが浮かび上がり、そして取り組んだのが今回の企画です。

 私も永年日本の子どもの教育を心配して、そのテーマを追い続けていましたが、ついに矢も盾もたまらない心境で、平成15年から3年間「福岡土曜クラブ」を主宰いたしました。これからの時代に必要な子どもの教育について、世に一石を投じる思いで始めたものでした。此れ等の活動と趣旨を同じくする活動は、当時<ディベート>の講師を依頼した木村貴志さん(初代・師範塾理事長)が、現在「バッカーズ寺小屋」として、東京と福岡で活動を続けておられます。

 子どもの教育のテーマを追い続けて、最後に到達したのが『育児』でした。平成16-17年のロータリークラブ会長を務めた年度に、支援事業として<親学勉強会>とホームページ<子育てビジョン.com>を立ち上げ、年度の事業として<シンポジウム『今、親学とは・・』>を開催いたしました。

 此れ等は「世に一石を投じる」、ほとんど<やむにやまれぬ>ほどの思いで開催したものでしたが、今日「親学教室」が注目を集めて開催されているのを見ていますと、本心からホッとさせられます。教育のプロフェッショナル達が本気になって取り組んでくれるようになれば、もう安心です。

 関心を持たれた方は、ホームページをご覧下さい。

   ●師範塾ホームページ → http://www.shihanjuku.com 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-11-17 22:22 | jmc支援事業
 10月下旬に完成した「中級2」(ダウンロード版)は、「中級1」とともに<e-Book楽典>Vol.2のCD版として完成いたしました。

 段階を踏んでカリキュラム編成がなされているので、スンナリと理解は進んでいくとは思いますが、その実、かなり本格的な内容を含んでいます。

 この<e-Book楽典>は『演奏家を目指す人の為に・・』と言うコンセプトでカリキュラム編成がなされていて「楽譜から深く音楽を読み取る力」を身につけさせようとするものです。上級では和声の分析から楽曲分析にまで展開されます。

 「分かりやすい」と評判を頂いている<e-Book楽典>。jmc音楽研究所ホームページから<音楽市場>→<e-Book書店/e-Book楽典>とすすんでいただければ、詳しい情報が掲載されています。どうぞご覧ください!

 <申し込み書>のボタンから、「体験版」(無償)がお申込いただけます。皆さん!<e-Book>の新しさを、是非体験してみて下さい!
d0016397_2301659.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-11-15 02:30 | jmc音楽教室
 4年間かけて準備を進めて来たThosai-netは、活動の地区拠点となる《クラブ・アンティミテ》の試運転段階にまでこぎつけました。

 11月29日(土)19:00-21:00jmc音楽研究所(2Fホール)において初会合を持ちます。ごく親しい音楽家・音楽愛好家への声掛けから始めるわけですが、特に音楽家は昔の斎藤秀雄先生を知る年代の方へ声を掛けることにしています。

 4月正式発足を目処に、設立発起人に名を連ねてくださる方への声かけが最初となります。そこから放射状に輪が広がり「小さく産んで、大きく育てる」の喩えのごとくに《クラブ・アンティミテ》が育っていってくれる事を願っています。

 今月の22又は23日には、来福予定の秋山和慶さんとお会いして打ち合わせ。そこで29日例会参加者向けのビデオ・レターを収録したいと思っています。

 すでにmixiにおいて、会員連絡の為の実験サイトも立ち上げました(・・未だ手探りの状態ではありますが・・)。今後に向けて、神奈川と宮崎との間でやり取りを実験しています。(mixiにも?がイッパイ)
[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-11-14 17:26 | jmc支援事業

京水菜の若葉

 先日のこと、冬〜春用プランターの花の苗「パンジー」を買い求めた折に、フッとした気まぐれから「京水菜」の種を買ってみました。

 「パンジー」の苗を植えた翌日、その種を丸いプランター2個に蒔いて、乾燥防止の為に新聞紙で覆い、翌日水やりの折に覆いをとってみると、何と!一日で芽吹いているではありませんか!(種子の袋には「一週間」で芽吹くと書いてありましたが....)

 昨日は一日留守にして、月曜の夕方に帰宅したのですが、パンジーのポットに植え替えて4日目ほどですが、ハート形の双葉の間から水菜の若葉が2枚出ています!

 こうして若葉が出てくるのですねェ!生き物のプログラムとは不思議なものです。なんとも可愛らしく、何だか‘愛おしさ’さえ感じてまいります。
d0016397_2334662.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-11-04 02:33 | 芸術随想

私の宝物

 芸術体験講座(ふくおか県民文化祭)で訪れた秋月小学校の子供達から、お礼状が文集のように綴じられて、送られてまいりました。

 表紙には子供の絵で「マーマーマー〜♪」(歌う子供)、「もうちょっと楽にして・・」(ピアノを弾く私)が描かれています。

 お礼の手紙には「本当にきれいな声が出たのでビックリしました」「低い声を出すことができませんでした。だけど大畑先生におしえてもらうと、かんたんでした」「高い声でうたったり、ひくい声で歌ったりできるようになりました。きれいに歌ううたいかたがわかりました」「高いこえがなかなかでませんでしたが、大畑先生にならったやりかたで、できるようになりました」...............皆の喜びの声が、ギッシリと詰まっています。

 訪問する度に送られてくるこれらの<手紙>は、本当に私の宝物です。
[子供達のお礼の手紙の<表紙>]
d0016397_20365712.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2008-11-01 20:37 | 音楽企画制作