クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 ミクシィが注目された頃からSNSには何かしら次代を期待させるものがありそうだと感じていた。招待制だったので、親切なメンバーを探し出して<招待>してもらった。その後、自らの体験を深めるためにグーグル・グループにSNS「レーベンス・マイ」を作ったりもして見た。

 その後のツィッターやフェイスブックも注目され、非常に多くの人が参加し、交流している。正直、始めは「何の事」か分らないまま、手探りの参加・・・何やかんや事が起こる度に、「はぁ〜」と言って理解を深めるのやら、一層混乱してゆくのやら分らないまま、時折顔を覗かせていました。

 3日前、フェイスブックから案内メールが入ったので開いてみると、下の方に<お友達では>とあって、沢山の人のデータが並んでいる。私は桐朋学園(大学)の卒業なので、その桐朋が共通項の人達の名前が並んでいるのだ。そして、その右側に「お友達になる」と言うボタンもならんでいる。そのボタンをクリックすると<お友達リクエスト>メールが自動的に送信される仕組みになっています。

 桐朋学園の共通項を持つ人を順番にクリックしてゆく・・・沢山いる。「これだけ沢山居るのか!」と関心しながらクリックを続けると・・・ついにフェイスブックから「アンタやりすぎだヨ!」と警告が出てしまった。「ハイハイ失礼いたしました」・・・と終了したわけですが、それからが大変。自身のメール・ボックスに戻ると「○○さんがあなたのお友達リクエストを承認いたしました」とフェイスブックからの連絡メール、それも山ほどです!

 このレスポンスの早さに驚かされましたが、もう一つはその量です。ボタンを押した時間に、多くの人が同じSNS上に居て、すぐに反応を返した・・・彼等は私のプロフィールを確認して「お友達」になるこを<承認>したわけです。そんな訳で、その後の2日間は<お礼のメッセージ>を入れるのが大変でした。およそ200人程も居たでしょうか。

 同じ桐朋といっても、これまで<見ず知らず>だった人同士が<友達>になることを「承認」しあうことができるのです。今後は<友達同志>として、互いが投稿する度にお友達にその事の知らせがゆきます。何か<情報>を流したいときは、数多くの<お友達>がソレを見てくれるのです・・・・コレは本当は思いもよらぬ<大きな力>を秘めているのだと思います。この力が「音楽芸術の振興」にそのパワーを発揮してくれることを願ってやみません。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-25 22:57 | 芸術随想

第1回旅行説明会

 4月22日(日)は“jmc欧州音楽の旅2012”第1回説明会でした。会場はjmcの小ホール。旅行社より添乗員として案内してくれるMさんが出席してくれました。

 今回、4月12日までは企画成立の16名に3人不足している状態が長く続いていました。企画の出来が良かったので、旅行企画を流すには余りにももったいない・・・と言うことで、経費の無駄を無くして13名で実施できるように旅行社が大変努力してくれました。

 そのプランがやっと決まり、サァ!これで実施できるぞ!・・・と喜んだ翌日、4名の参加希望者が現れました。今度は減額案どころか、さらに充実させるべくプランの見直しです。結果、更に一層充実したプランが出来上がりました。近日中に詳しくご案内いたします。
<第1回旅行説明会>
d0016397_144336.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-24 14:04 | 音楽企画制作

春の“お花”

 4月9日から約十日ほど、“お花”の世話を続けてきました。研究所の2階には春から秋にかけて「サフィニア」や「ミリオンベル」などのプランターが五個、秋から冬の期間には「パンジー」が並び、4月中旬から下旬が丁度植え替えの時期となります。

 今は「パンジー」がその盛りを迎えています。この時期に次のお花の苗を準備します。それが9日からの毎日の作業でした。「パンジー」の苗を五個のプランターに、その上昨年の「ミリオンベル」がこの冬を無事に越して元気な様子です。その全部で15の株を、新たなプランターに2株づつ植え替えてゆきます。7個のプランターに2株づつ、小さなプランターに1株を移植しました。土作りから始めるので、結構な手間をとられます。それらの作業を終わり、2日程落ち着かせた後、剪定を施しました。これで、新しい芽が沢山出てくるはずです。

 出てくれば、それ等は3階部分に新たに飾ろうと考えています。外壁塗装の結果、<打ちっぱなし>の部分の一部をグレーに塗ったので、よけいお花の色が際立つようになったと感じています。

 このように花を飾るようになって15年ほど経つでしょうか。そもそもの切っ掛けは線路の向かい側に建つ学習塾でした。福岡でも有名な塾で、市内に幾つかの塾を展開していて、4月のこの時期は塾の<戦果=合格者数>を建物の外壁一杯に赤文字で書き立てます・・・「ラ・サール205名」「久留米附設226名」「開成42名」etc.etc.etc.etc.と言った具合です。父兄達はソレを見て、我が子をその塾に入れようとします・・・子ども達は大きなカバンを抱えて、毎晩々々遅くまで受験勉強・・・そんな様子を永いこと眺めていて・・・「それじゃ、ウチは花でも飾ろうか」・・・と始めたのが、ソモソモのハジマリでした。

 <幸せな一生>←一流企業に就職←一流大学を卒業←一流大学入学←<受験勉強>の図式は、日本の高度成長期に描かれたもので、この平成の時代にはとうに『時代遅れ』である事は、どんな大人も理解しているハズです。それでも学習塾にしがみつくのは、新たな指針を示してくれるものが無いからだろうと思われます。

 しかし一方で、マレーシアのマハティールが「ルック・イースト」と言って、日本をお手本にして経済成長を始めた時から、このままでは早晩日本は他のアジアの国に並ばれてしまうことは分っていた・・・すでに今、中国には追い抜かれている。それでもなお<受験勉強>と言う方法しか考えられないのか!

 「暗記」したものを「思い出して」「あてはめる」ことで<答え>を得る・・・高度成長期には操作マニュアルを理解して生産機械を操作できるといった能力が求められていました。しかし、今日本に求められているのは「零から考える力」「独創性創造性溢れる想像力」なのではないでしょうか。<左脳の時代>から<右脳の時代>に変換できなければ、日本はアジアの中に埋没してしまうでしょう・・・・だからコソ『音楽』『芸術』なのです!
d0016397_21285154.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-19 21:29 | 芸術随想
 以前、このブログで2〜3回福島原発・東電について取り上げた。地震直後の東電の記者発表の様子を見て、この会社はトンデモナイ体質の会社だと確信、「こんな会社潰してしまえ!」と噛み付いたが、1年を過ぎて見て、はたしてその通りの会社であった。

 以前このブログでも触れたドイツZDFの取材番組「FUKUSHIMAの嘘」、今またノーカット版が大きな関心を集めているそうだ。まだご覧になってない方は、一度は必ず見ておく必要があるとおもいます。そして、自分自身とこの国の将来にたいして、責任を持った大人として良く考えてみてください。国の運命は、そこに住む国民が握っているのですから。下記URLで見る事ができます。

 http://www.youtube.com/watch?v=4Z38NR0mn_M

「大本営発表」・・・太平洋戦争の日本を敗戦に追いやり、その終末期には「嘘」の「発表」を繰り返し、終戦後の日本国民に塗炭の苦しみを味あわせた<軍>と<政府>。今我々は、同じような過ちの中で、従順な羊のように、黙って従っているだけの状態なのではないのだろうか?・・・皆さんご自身の心で、考えてみては如何でしょう。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-19 00:06 | 芸術随想
 12日(木)から福岡女子短大音楽科の指揮法の講座が始まっている。新2年生の新しい顔ぶれだ。振り返ってみて、高校時代の授業で未だに印象に残っているものは無い、漢詩を詩吟のように皆で吟じた『響き』に、新鮮な驚きを覚えた記憶くらいのものである。

 しかし、大学の授業やレッスンからは、いくつも未だに鮮明に記憶している場面が多くあり、それはそのまま色あせることもなく、自分の人生の糧となっている。つまり、大学以後に学んだことは『一生もの』の効果があったのだ。その中でも特に斎藤秀雄先生やセルジュ・チェリビダッケの講習会で学んだことが山ほどある。

 そう思うと、私が接するこの学生達に『一生もの』で使える『智慧』を授けられたらどんなにイイだろう・・・と何時も思って来た。そして、初日には必ずその<想い>を伝えることにしている。

 これから半期、どのような<関係>を築いてゆけるだろうか・・・時間を大切にしたい。
<初日の授業から>
d0016397_1413636.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-14 01:41 | jmc支援事業

春〜秋の花2012

 今年の春〜秋の花は、<サフィニア>にした。そもそも研究所の2階にプランターの花壇を作ろうと思い立った時、サフィニアがサントリーから発売された。その年度は夏の猛暑と水不足で福岡市民は大変な思いをした年だったが、しかしその分太陽の日差しは十二分に注がれ、初めて植えたサフィニアは豊かに花をつけ、豪勢な花壇を作り上げていた。

 その年は、見ず知らずの多くの人から「電車に乗って、朝夕あの花を見るのが楽しみ」だとか「あの花で癒されているんです」とか「私が春日原に到着したのを知らせるのがアノ花です」・・・とか、どれ程多くの人から声を掛けられたことか・・・・「これは、ヤメてはいけない」・・・その声を聞いて以来、年間を通じて「花」を絶やさないように心がけることにした。

 そのサフィニアの苗を、今日5個のプランターに移植した。月曜日に入手して、木曜日の夕方から新しい5個のプランターに植え付けた。寝かせておいた土に腐葉土・牛糞の完熟堆肥、石灰や骨灰その他を混ぜて調整しプランターに移す。約5時間かけて植え付けを完了した。イイ花を付けて欲しいものである。
<1階の玄関先で作業したサフィニア、五つのプランター>
d0016397_3502226.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-13 03:50 | 芸術随想

今年の学生オケ

 毎年春になると福岡の大学オーケストラ選抜で編成する、連盟のオーケストラから指導の依頼を受ける。今年は4月8日、パピオ・ビールームの大練習室で6時間の指導を行った。

 曲はワーグナー「マイスタージンガー前奏曲」、J.シュトラウス「美しく青きドナウ」、マーラー「交響曲第1番」と言うもの。4月1日から約一週間、スコアを読んで準備した。そのほとんどは、マーラー「交響曲第1番」に費やされた。

 「マイスタージンガー前奏曲」や「美しく青きドナウ」は、過去にスコアを勉強しているので、全てがクリアになっているのだが、マーラーはそうでは無かったので、ゼロから読み込んでゆくのに気力と時間を要した。スコアを知らない曲と言うのは、例えばCDを聴いたりしても何も分らない。ゼロから音楽が像を結び始めるまで、気力を充実させて取り組まなくてはならない。

 おかげでマーラー「交響曲第1番」が明確な音像となって立ち現れるまでに漕ぎ着けることができた。ここまで来ると、もう<ソレ以外の音楽>は考えられない状態に至る。今回の収穫はマーラーだった。

 私は桐朋学園を卒業後、すぐに九州芸術工科大学(現、九州大学芸術工学部)の非常勤として、音響設計学科の学生達の管楽器の指導を行い、同時に大学オーケストラのトレーナーも務めることになった。年齢はほとんど変わらないのだから気楽なもので、練習計画の打合せと称しては我が家で(打合せソッチノケで)酒ばかり飲んでいた・・・自分の人生を振り返っても、『楽しいばかり』の時期であったと思う。

 そんな体験があるものだから、<学生オケ>と聞くだけで何だか楽しそうな気分になってくる。それに、彼等と接していると、40年程前の学生と全く同じに感じられるのだ。気質も雰囲気も全く同じ・・・だから、極自然に「昔の気持ち」が蘇ることになる・・・私としてはチョットした楽しみの時間なのだ。
<午前、マイスタージンガーの練習>
d0016397_23402050.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-11 23:40 | イベント情報

“菊”のお引っ越し

 夕方、四王寺山(県民の森)の桜の森で“お勉強”しようと思い立ち、ついでに“母の菊”を移植しようと準備をいたしました。

 研究所の向かいの植え込みは、西鉄電車の高架工事の始まりで1ヵ月ほど前に整地されてしまいました。整地前に、出たばかりの菊の新芽を6株ほど抜いて、小雨の中を四王寺山に出かけ、花壇に移植いたしました。山の土はまるで砂砂利のようなもので、何とも寒々とした印象でしたが、6本を横に分散させ、植えて帰りました。

 今回は残っている新芽を更に5株ほど取り分けて、山に向かいました。花壇に着いて確かめてみると、3株はシッカリと根付いていて、背丈は小さくはありますが、何かしら逞しささえ感じさせる佇まい・・・小粒ながら『生きる』と言う確固たる意思を持って踏ん張っている様子でした。

 その近くに、更に5株。今度は土も持参したので、生育の環境は向上するハズです。ペット・ボトルの水をかけてあげて、無事に“母の菊”のお引っ越しは完了いたしました。終了したとたんに<ぽつり・・・ポツリ・・・>雨です。空を仰ぐと、曇り空に黒い雲が混じり始めています・・・(傘は無い・・・)マズイ!。楽譜の入った手提げを抱えて、下山することにいたしました。西の空には稲妻が走り、勉強どころではありません。急いで退散です。
<左)3週間前に移植した菊、シッカリ根付いている。/右)曇り空にけぶる満開の桜、手前「花壇」?!>
d0016397_10571730.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-06 10:57 | 芸術随想

桜、咲きました

 まるで台風かと思う程の“春の嵐”が日本列島を吹き荒れ、今日、九州は穏やかな『春』の訪れを迎えました。日差しは「春」の到来を告げています。もうこれで<冬>に戻ることは無いでしょう。

 8日まで、スコアのお勉強をしなくてはならない私のことを知っていて、同居家族は福岡城跡に『花見』に出かけました(誘っても、行かないことは分っているからです)。福岡城跡は福岡市随一の花見の名所で、東京で言えば千鳥ヶ淵か上野公園・・・と言ったところでしょうか。

 発表会が終わって、4月1日から本格的にスコアの勉強を始めましたが...『桜咲く』の報せに、どうも心中穏やかではありません。私も日本人・・『桜』ときくと、何だか心中穏やかならぬものを感じます。単なる個人の嗜好なのかもしれませんが、『桜』はドウモいけません。

 私が<好き>と言える植物は、「桜」と「金木犀」。この二つには、心が動きます。こころ動かせながらも、触れる機会を逸する年もあります、昨年の金木犀がそうでした。VierWeg「クラリネット教則本」の開発に追われて、「今」咲いている金木犀に出会う機会を逸してしまいました。しかし、『桜』はイケマセン....どうも、「心」が騒いでしまうのです....。

 世の中が「桜」と言う「幸せ」に華やいでいるのに、何も無粋な所長室でスコアの勉強をすることも無いヨナ・・・桜の樹の根元でやっても・・・・・イイんじゃないの?・・・・と言う訳で、近くの桜並木まで出かけました。珈琲をいれて、スコアを持って・・・今年も『幸せ』を感じることができて・・ヨカッタ、よかった。
<西春町の桜並木で>
d0016397_356574.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-05 03:56 | 芸術随想
 3月31日(土)「春の合同発表会」(まどかぴあ小ホール/13:30開演)が終了いたしました。2011年度の締めくくりとして開催されるもので、毎年これが終わるとホッといたします。

 アンサンブルの講師は昨年に続いてチェロの岸本義輝さんにお願いしました。昨年にも増して、岸本さんの熱演が印象に残る発表会でした。1年振りで合わせてみて、子ども達の成長振りに非常に驚いておられたので、そんな気持ちが一層の熱演に影響したのかもしれません。

 会場のお客様にお父さんの顔が多く見られたのも、嬉しく感じられた要因の一つです。お子さんの家庭では見られない別の一面を知って頂くことは大切な事だと思っています。<本気モード>の我が子に『逞しさ』を感じられたのではないでしょうか。

 これから皆は<春休み>、私は8日の為にスコアのお勉強の毎日・・・となります。
<チェロの岸本さんとのアンサンブル>
d0016397_28497.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-04-02 03:00 | jmc音楽教室