クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Concert《音の星座》Vol.Ⅱ

Concert《音の星座》Vol.Ⅱを2012年11月24日(土)にジェイエムシー音楽研究所(2F)小ホールにおきまして開催いたします。仔細は下記の通り


Concert《音の星座》Vil.Ⅱ
2012年11月24日(土)  (14:30開場、15:00開演)
ジェイエムシー音楽研究所(2F)小ホール

入場料:大人3,00円  中学生以下2,000円

[プログラム] < Beethoven シリーズ Ⅰ >

モーツアルトの歌劇「魔笛」より
  『心に愛を知る人は』の主題による
   七つの変奏曲 変ホ長調 WoO46

ピアノとチェロの為のソナタ    第1番 ヘ長調 Op.5-1

ピアノとチェロの為のソナタ    第2番 ト短調 Op.5-2

[出演]  ピアノ 大畑康子 ・  チェロ  宮田浩久

[お申し込み] ジェイエムシー音楽研究所
jmc_music2001jp@ybb.ne.jp
Tel. 092-575-3267 / FAX. 092-581-0136
d0016397_22541965.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-09-29 22:55 | 音楽企画制作
2012ルツェルン音楽祭。クラウディオ・アバドが音楽監督を務めるこの音楽祭は、毎年優秀な演奏家を集めて、水際立ったハイレベルの演奏を聴かせてくれる。

 今年最も印象に残ったのは、コンサート・マスター。音楽に対して完全に自由でいれる、本当に才能溢れる演奏家だと思った。指揮者として優れた力量を持つアバドは、いつもの様に質の高い音楽を紡ぎだしてくれました。

 プログラム後半にはモーツアルトの「レクイエム」が演奏されました。非常に真っ当な取り組みではありましたが、それでも尚、「モーツアルトの魂」が立ち現れることの難しさについて考えさせられました。

 オーケストラ・独唱・合唱(そして聴衆までも)、これだけ沢山の人達の魂を、「モーツアルトの魂」に触れさせ覚醒させることが、一体全体可能なのでしょうか?現代人の「心の目」が曇っていて、魂にフィルターがかかっているような状態であることが、魂の覚醒を阻んでいるのではないだろうか?・・・そう思われてなりません、でないとコノ演奏が説明できない。

 非常にまともに取り組んでいるにもかかわらず「モーツアルトの魂」が立ち現れないのは、日常的な<演奏する>と言う行為や、<仕事としての演奏>と言うスタイルに、精神が慣れきってしまっているのが原因なのではないか・・・とも思われます。

 永年連れ添った夫婦が、永年の夫婦生活に慣れきって、恋人時代や新婚時代の「魂のトキメキ」を忘れてしまった・・・そんな状態と同じように思われてなりません。大人になると、子どもの心(魂)を忘れてしまう・・・そんな状態にも、似ているのではないでしょうか。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-09-14 04:42 | 芸術随想