クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 11月29日は晩秋の寒さが凍みる小雨模様の曇り空。九州国立博物館のベルリン国立美術館展に出かけることに致しました。会期は12月2日まで、最期の混雑を考えると今日しか無いだろう・・・と思ったからですが、久々の休日気分にノビノビと安らいだ気分で博物館に向かいました。

 九州国立博物館は太宰府天満宮の敷地内に建設されて、我が家から車で20分ほどの所です。昨日は電車に乗って太宰府駅まで行き、土産物屋で賑わう参道をさけて一本裏側の静かな細道を博物館まで歩きました。駅から真っすぐ6〜7分の距離。途中、光明寺と言う“紅葉”の非常に美しい禅寺の横を通って、真正面の小高い丘の上の博物館へと登ってゆきます。

 博物館に着くと、さすがに人気の展覧会です、少ないとは決して言えませんが、それでも絵画鑑賞が出来ないほどの人数ではありません。久々の展覧会場に足を入れます。美術館では順路に沿って観ることはマズありません、とにかく『自由に、気ままに、好きなように』ブラつきます。今回は先ずフェルメールの“真珠の首飾りの少女”の絵の前で足を止めました。人の流れからはずれた少し後ろの位置であれば、人を邪魔することも邪魔されることも無く絵画鑑賞ができます。

 会場内はやはり沢山の人です。しかし「こんなに沢山の美術愛好家が居るのか・・・」と思うだけでも、何だか幸せな感覚に包まれるものです。その空気に浸っているだけでも、かなりの「休日気分」で「リラックス」できました。

 “真珠の首飾りの少女”の絵には1時間程の時間をかけ、もう1枚レンブラントの真筆と言われる絵画に多少の時間をかけて見ることにいたしました。私にとっては2つもあれば充分に満足できるものです。レンブラントは東京近代美術館蔵の「読書する少年」を1時間ほど見続けた時に見えてきたモノが、自分にとっては『確かなもの』でありましたが、真筆のレンブラントを見た瞬間からその『確かなもの』を確認することができました。

 レンブラントについては、よく「光りと影」と言う言葉が使われます。これは(光りによる)「明るい部分と暗い影の部分」という意味合いに理解できますが、「読書する少年」から見えてきたものは『光そのもの』を捕らえて描き上げようとした画家の(執念とも思える)視点でした。今回のレンブラントの真筆からも『光そのもの』をハッキリと見て取ることができました。

 レンブラントとフェルメールは、同じオランダで重なる時代に活躍した画家達であり、フェルメールもやはり『光』を描こうとした画家と言われているようです。しかし、 “真珠の首飾りの少女”の絵には光線の方向はあったとしても、レンブラントのように『光そのもの』を捕らえようとした執念は感じられませんでした。光差し込む部屋の『空気』感を「存在の実感」としてを受け止めることはできましたが、果たしてフェルメールが画家の生命を賭けて取り組もうとしたものが「何」であったのかについては、確信を得るまでにはいたりませんでした。

 次のフェルメールとの出会いを楽しみにしておきましょう。ゆっくり時間をかけて、何時の日か『本質』に出会える時がくれば・・・それは嬉しいことですね。
d0016397_17315372.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-30 17:32 | 芸術随想
 2012年11月24日(土)“第100回jmc音楽サロン”が開催されました。Concert《音の星座》Vol.2に引き続き開催されたものです。

 第1回目のjmc音楽サロンは、音楽研究所創立の翌年9月に開催。脇坂順一先生(久留米大学医学部名誉教授・登山家)の講演と、北里由布子さん(メゾ・ソプラノ)のコンサートに続き、ワインとオードブルで皆さんとの会話を楽しみました。最初は2ヶ月に1回のペースでの開催、講演とコンサート、その後のパーティーという構成で、終電の時間になるまで皆と楽しんでおりました。

 このようなスタイルの集いは、研究所設立以前から、私自身が非常に欲していたものです。高度成長期以降、子どもの音楽教育が盛んになり、ピアノ・ブームと言われる時代を迎えましたが、大人達の生活は文化とは無縁のようなで状態であったように思います。

 子どもが音楽やっているだけではダメだ、大人が『時間を楽しむ』ようになって初めて、文化が成熟に向かうのではないか・・・と言う想いがあったのです。勿論、私自身が欲していた『時間』であったのは言うまでもありませんが・・・。

 その頃は今と違って、ワインはやや高価なお酒でした。それでも少々苦労して探せば、さほど高価でなくても美味しいワインを見つけることが出来たので、せっせとソンナ苦労もやっていた訳です。しかし、ある頃からスーパーの棚にも安価なワインが並ぶような時代がやってきて、ワインはやや手頃なお酒になってまいりました。そうなれば、セッセと苦労する必要も無いので、以前のように2ヶ月に1回のペースで開催する情熱もやや削がれたようにな感じとなり、コンサートの計画に合わせてサロンを開催するスタイルに変更いたしました。

 それでも新年は、毎回日本酒の“大吟醸”を集めた例会と決めていたので、毎年変わらず「先ず例会ありき」でやってまいりました。今はすでに、新年の例会に向けての日本酒を選定する時期となっています。来年はどのようなコンセプトで開催するか・・・そう考えると『わくわく』いたします。
<第100回jmc音楽サロンの演奏として、Concert《音の星座》Vol.2を開催。チェロ宮田浩久・ピアノ大畑康子>
d0016397_7242715.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-26 07:24 | 芸術随想

日本の子ども達へ

 エクスプレッションアカデミー<2012年秋の集い>に出席(11月16日)した。この会はVision&Education,Ltd.代表取締役の木村貴志さんが主宰。木村さんは21世紀を生きる日本の子ども達を対象としたバッカーズ寺子屋(東京)、バッカーズ九州寺子屋(福岡)の活動を7年間続けておられます。

 木村さんと始めてお会いしたのは約11年前、所属するロータリークラブの卓話でお話いただいた時。日本の学校教育現場の状況を憂い、先ずは先生の意識改革から・・・と、<師範塾>の活動を推進なさっている時期でした。その熱き想いと情熱に、いたく感動させられました。

 30年前、留学先のウィーンから帰国して以来、日本の子ども達への教育が気になって、心配で心配でなりませんでした。当時はグローバル化がそろそろ新聞の見出しにも出始めた頃、帰国直後では<国際貢献>と言う言葉も紙上には見られないような時代でした。留学のカルチャーショックと共に、グローバル化を肌で感じていた私は、世界における日本そのものの立場も心配ではありましたが、将来のこの国を担う子ども達への教育が、コノママで良いハズも無く、只ただ心配ばかりしていました。

 音楽に携わる者として、何か出来ることは無いかと考え、「フォスタープラン」と言う「国際里親」制度を支援する為のコンサートを始めました。<国際貢献>と言う概念を広めるために役立つだろうと考えたからです。このコンサートは平成元年に始め、平成14年まで24回開催して、インドネシアのユシ・ランボギちゃんなど数人の国際里親として支援を続けました。平成14年頃には<国際貢献>活動は非常に活発になっていて、すでに役割は終えたと判断し、活動を終了いたしました。

 しかし、その時期においても日本の子ども達への教育環境は全く変わってはいなかったのです。<国際貢献>の旗を降ろそうと思い始めた頃から、急に子ども達の教育の問題が気にかかってきて、日々心配が募るばかりとなっていました。心配な気持が募りに募り、ついには「もォいい!誰が何と言おうと、先ず俺がヤルッ」・・・とばかりに「福岡子どもクラブ」を立ち上げました。(音楽家がですよ!・・・何の話しか良く分らないような行動ですよね.....)
 
 医療福祉機構という国の機関に助成金をいただいて、平成14年6月にスタートさせました。その時、1年前に知り合った木村貴志さんに「ディベート」の講師として子ども達を指導していただいたのです。1年目はそうやって色々の方に来て頂き、2年目からは私一人で指導しながら、3年の間必要と感じていた事をとりあげて活動いたしました。例えば「シーフード・カレーを作ろう!」では、レシピのインターネット検索から始めて、食材の価格調査・フローチャートの作成・実際に調理(勿論、食べる)・収支決算書の作成etc.です。ボランンティア活動・創作表現活動や芸術鑑賞会まで、沢山のプログラムを実施して(何だか少し満足して)活動を終えました。

 偶然ではありますが、私が活動を終えた後の平成17年から、木村さんが子ども達へのプログラムをスタートさせたのです。それで一先ずは『安心』いたしました。彼の情熱をもってすれば、キット有意義な活動をしてくれると確信が持てたからです。現在、深い学びの機会を含んだ体験型のプログラムを、数多く推進しています。すこしでも関心を持たれた方は、下記URLを訪問してください。

バッカーズ寺子屋 http://www.backers-terakoya.com
バッカーズ九州寺子屋 http://www.backers-Kyusyuterakoya.com
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-21 02:12 | jmc支援事業
 このところ集中して取り組んでいたVierWeg「金昌国フルート教本2」<下巻>電子書籍化のレイアウトが終了した。(バンザイ!)。2ヶ月半ほど(基本的に)禁酒を続けているせいで、夜が寝られない(何故だか分らないけど・・)。丁度、開発1年目に365日徹夜した、あの頃のような生活になってしまっている。夜中の2時くらいに一旦は「寝よう」と床につくのだけれど、4時ころには「寝れないから、仕事!」と起き上がる。

それから眠くなるまでパソコンに向かう。眠くなるのが8時〜9時ころ、2時間ほどで目が覚めて、さらに仕事にかかり・・・次に眠くなるまで・・・。一日を数回に分けて生活しているが、他の仕事や約束がある場合は、睡眠不足の状態のままではあるが、責任上ちゃんとやる・・・と、6年前もそんな毎日だった。あの時は丸一年、365日がそんな生活だった・・・一年で道が開けたから、良かったようなものだけれど。

金先生は現在は超多忙で、電子書籍の打合せは年末・年始となっているから、現在の私の作業はコレで一段落。いよいよ次は30年来課題として抱えてきた音楽家育成の為のネットワーク作りや、マネジメントのシステム構築に取りかかることにする。個々の技術に関してはまだまだ沢山勉強しないと分らないことも多いのだけれど、全体の構成については頭の中で出来上がっている。一つ一つを組立て、互いに繋ぎ、全体としてスムーズな運用ができるようなシステムに構築しなくてはならない。

細々した技術上の問題が出てくることだろう。しかし、それは何時ものこと。一歩一歩積み重ねるより他は無いと思う。30年間積み上げてきたことの集大成・・・と言うことになるだろうか。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-11 17:55 | 音楽企画制作
 昨晩は“福岡の文化を考える会”と言う会合に出席した。もう十年以上続いている会で、創立メンバーに知人が居て、会の発足当時からのメンバーとして参加している。メンバーは音楽(洋楽・邦楽)や能・演劇・ダンス・・・と様々な分野、中核メンバーは文化事業を推進する団体や公共施設の関係者等々で、私にとっては異業種交流会のような意味合いで、新しい文化関係者との出会いが楽しみな場でもある。

 お酒や軽食をつまみながら日頃の活動の近況報告を聞いていると、「福岡の今」が何となく分ってくる。しかし昨晩は、「本当に色々な人が、色々な想いを持って日々活動しているのだなぁ〜」と心の中でツブヤキながら話を聞いていた。

 もっとも自分もその内の一人であって、昨晩は初めてこの30年かけて準備している事についてお話をした。10年間でお話したのは昨晩が初めてだ。皆から「色々な想いを持って日々活動しているのだなぁ〜」と思われたことだろう・・・と思う。

 社会的環境が調えられていない“クラシック音楽”界において、若い音楽家を育成し、音楽普及のプログラムを機能させ、よりシッカリと社会に根付かせる・・・等という事は、本来「無謀で不可能な事」だと、十人が10人,全員が言うであろう・・・そんな事は、始めから分り切った事だった・・・『それでも尚』と取り組んだ事業は、研究と試行錯誤に30年の時間を要したけれども・・・それもまた当然だとも思う。

 企業や国の助成金による活動も沢山やってきたが、それ等の予算はチョット景気が悪くなればスグに消えてしまう資金だった。6年前から電子書籍の開発に取り組んだのも、活動資金を自前で産み出そうと考えてのことだ。芸術家を育成するには『金』がかかる、安定した資金供給の源を持っていないと、とても計画的・持続的な活動は望めない。

 幸い、jmcの開発した電子書籍<VierWeg>(フィール・ヴェーク)は、「最先端をゆく電子書籍」と注目してくれて、11月25日にはその紹介記事が掲載された書籍が全国発売される(2013年度版「ヒットの予感!」/ミスター・パートナー社刊)。この事業で産み出した資金で、クラシック音楽家の育成事業にとり組めるようにしたいと思っている。

 現在FaceBookで約400名の音楽家(桐朋・芸大・海外留学生)と『お友達』になっている、これが500名になる時期に合わせて、コンピューター上で育成プログラムへの第一歩のシステムを運用したいと考えている。この1年間は「レーベンス・マイ」の例会も休止して、コンピューターのソーシャル・ネットワークやクラウドの勉強をやっていた。次の時代にフィットした形態でシステムを構築しなくてはならないのだ、勉強は欠かせない。

 今、全ての準備が30年の時間を経て『芽』を出そうとしている。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-07 00:00 | jmc支援事業
 このところ取り組んでいた金昌国先生による「金昌国フルート教本1」の電子書籍化作業、本日<上・下巻>のデザイン・レイアウトが出来上がりました。「金昌国フルート教本1」では楽譜とイラストと文字が並んでいただけですが、電子書籍化によって文字や静止画像のカラー化、楽譜の<演奏ボタン>をクリックすることで《模範演奏》を聴くことも出来ますし、動画で《お手本》を示すこともできます。今回、二重奏で掲載されている(全)曲は、別途制作予定のDVDに収録された2番フルートの演奏と共に、(1番フルートの)アンサンブルの練習が可能となります。

 現在、世に行われている電子書籍化とは、小説や漫画をiPadやPC等を使って単に<読む>だけの電子化でしかありません。ミックス・メディア技術を駆使したjmc音楽研究所の電子書籍(VierWeg/フール・ヴェーク)が、いかに先駆的であるかをご理解いただけるのではないでしょうか?

 浜中浩一・金昌国....今後、日本を代表する音楽家による教則本を継続して刊行してゆく予定。どうかご期待ください。(今日は仕事に一区切りをつけました.....♡♡♡♡♡♡...祝杯デス!)
[PR]
by jmc_music2001jp | 2012-11-01 22:41 | 音楽企画制作