クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クラウドWebセミナー2

 今日は4時から1時間、インターネット経由でWebセミナーを受講しました。<Salesforse 1 Platform>、様々な情報や機器を繋げるプラットホームの構築に関するセミナー。すこしづつ具体的に「出来る事」が見えてまいりました。

 クラシック音楽家を包括的に支援できるように、全体のシステムを構築しなくてはなりません。情報が入る器と、相互の関連性を考えて、どの様にシステムを関連づけるのがベストかを読み切らなくてはなりません。2000以上もあるアプリから、我々の計画に活用できるものを見つけ出し、操作を理解する。我々の目指す世界を明確にし、実現してくれるアプリを組み合わせ、世界を構築する。

 <アプリの技術的な部分>と、その対局にある<ベストのシステム構築>を読み抜く事の、両面から攻めてゆかなくてはなりません。五里霧中の状態から、少しづつ霧の晴れ間も見えてきました。従来であれば「夢想」や「妄想」と片付けられてしまった<可能性>が、ITの進歩により現実味を持った話として歴史の流れに浮上してまいりました。これを『音楽』を<生かす力>として構築することが、最大のポイントです。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-22 00:53 | jmc支援事業
 今日の福岡は朝から晴天、吹く風も爽やかな素敵な一日でした。こんなお天気の日には、花壇のお世話が一番です。買い求めていたサフィニアの苗を、プランターに移植してあげます。

 先ずはプランターを洗って綺麗にしてあげます。底石を敷くと、次は“土”作りです。昨年寝かせておいた土を出して、<ふるい>にかけた後は、苦土石灰・肥料の牛糞などの栄養分・花の根を保護する成分等々を加えてよく混ぜ込みます。それを五つのプランターに・・・花の位置を決めて、土を上まで加えると、苗のケースごと引っ張り上げてケースを取り外し、底にはった根をばらしてから、引き抜いた穴に植え込んで、周囲を押さえて、水やりをする・・・とまあ、コンナ具合。朝11時から夕方の6時まで、合間あいまに画像データの整理とバックアップ、バックアップのバックアップの作業も完了させました。

 いい一日でした。
<移植が終わり、2階テラスに移された今年のサフィニア>
d0016397_10555462.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-17 22:17 | 芸術随想
 ここ2日ほど、新たに1テラのハードディスクを購入してデータの整理をしていました。主に映像のデータの整理で、一杯になったハードディスクに余裕を持たせる為です。我が家には500ギガのハードディスクが7台、1テラが2台、2テラが1台あって、全部で10台。それらに情報を振り分けて保存しています。

 やたらと多いように思われるでしょうが、MacとWindowsで普段操作しているデータは、それぞれに外付けハードディスクに入れて使用。そのバックアップ用のハードディスクと、さらにバックアップのバックアップ用のハードディスクが用意されていて、“ドノヨウナ事”があってもデーターは絶対に失われることが無い体制をとっているのです。
ハードディスクは何時か必ず壊れる日が来ます。それでもデーターを決して消失させることの無い体制を、調えておく必要があります。

 ところで、今日は春の花壇に植える<サフィニア>の苗を買ってきました。明日以降、時間を見つけてプランターに移植してあげなくてはなりません。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-16 01:41 | 芸術随想

“お礼状”が届いた

 今日“お礼状”が届きました。<NPO法人 弱視の子どもたちに絵本を>という団体からです。私の高校の同級生が、この団体を支援していて、我々のメール・リンクでの、彼からの呼びかけに応えたことが原因です。

 弱視の子どもたちが操作する為の、不要になったXPのパソコンを寄付して欲しい・・・と言うものでした。私の研究所は代々のMacユーザーですが、ホームページ編集専用にWindouwsパソコンを持っていました。XPのサポートが終了し、Vistaでの編集操作の必要から、中古のLenovo(ThinkPad)を購入したのに、間もなく現在使用しているWindows7でもホームページの編集ができるようになって・・・結果、2台のWindowsが使わないまま眠っている状態でした。役に立てて、こんな良いことはありません。

深夜になって、メールボックスを開いたら、その友人からメールが入っていました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大畑君  堀江です
パソコン2台無事、大阪へ着きました。
そして、下記の様に、弱視の子どもたちへ貸し出されたそうです。

>友蔵様
>パソコン拝受いたしました。
>ありがとうございます。
>パソコンは、一台が、珠和(みより)ちゃんのところと、
>蒼空君の所へ、貸し出しました。

今回、送付した先は、下記です。
私が絵本の読み聞かせを始めた5年間で、縁があって協力している箇所の一つです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ブログの読者の皆さんで、使わなくなったXPを持っておられたら、寄附を考えられたらいかがでしょう。

NPO法人「弱視の子どもたちへ絵本を」
〒564−0062 吹田市垂水3−21−7−1005
Tel.06-6385-6598
E mail : wanpaku_jyakushi@gmail.com
http://www.wanpakubunko.com/npo/
<届いた“お礼状”>
d0016397_1144631.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-13 01:18 | jmc支援事業

クラウドのお勉強

 今日は夕方の1時間、クラウドのWebセミナーを受講いたしました。此れ等Webセミナーの受講を通じて、クラウド・コンピューティングの実像が明らかになってきます。

 世界で21万社が活用しているSalesForse、2000以上も存在するアプリケーションの組合せによって、<出来ない事は無い>の状態になります(もちろん、使えば使うだけ「お金」はかかりますが・・・)。

 今日は営業活動に伴う<マネジメント・ソフトの有効活用>に関連したものでしたが、現時点で世界最先端とも言えるマネジメント技法を学び・使えることになる訳です。ソフトの操作を学ぶことが、そのまま最先端のマネジメント技法を学ぶことに直結します。この事を『音楽』の為に生かさなくてはなりません。何か別の方法(書物や学校)で同じことを学ぼうとすれば・・・絶対に不可能で、考えられもしない事となるでしょう。

 私は44歳の頃、ロータリー・クラブに入会させて頂きました。ロータリーはお医者さんや弁護士さんの他、そのほとんどが会社の社長さんの集まりです。電子書籍の開発に没頭したくて、60歳のころに退会いたしましたが、入会するまでは(私の頭は)「音楽家」で、社会で「何がどのように行われているか」については、ほとんど何も知らないような状態でした。

 そこで私は、ロータリーの委員会活動を通じて「社会のやり方」を知れるのではないか・・・と考えて、それ等の活動は手を抜くこともなく務めました。その実績を周囲が認めてくれれば<やり方>を理解した事になります。このようにして私は、「社会のやり方」をロータリークラブで学んだのです。

 乞われて幹事も務めましたし、会長も経験しました。一応のことは一通り学べたと思っています。次期会長を指名し、直前会長として1年間の新会長の補佐役を務めた後、かねてから60歳を境に新たな段階に進むと決めていましたので、<音楽電子書籍>の開発に没頭するべく、ロータリーを卒業させていただきました。

 クラウド・コンピューティングの勉強は、ソフトの勉強を通じて<最先端のマネジメント技法>を学ぶことに通じます。ほっといたら絶対に取りかかるハズもない此れ等の勉強に、図らずも取り組むことになろうとは・・・本当に『クラシック音楽』の為になるのですから・・・乗りかかった『舟』、舟は岸壁から離れようとしています。しっかり乗り込む以外に、道も方法も無いでしょう。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-10 01:36 | jmc支援事業

心が“緩む”時

 新年度が始まる最初の1週間は、一年でも最も“心が緩む”時期だと思います。第2週から教室を初めとする新年度がスタートするので、実はその為の準備を始めなくてはならないのですが、3月末で年度が終わって、新年度スタートまでの1週間は、僅かでも<心のネジ>を緩めることが出来る貴重な時間です。

 この時期は、春以降の花壇の準備をするのが恒例の行事で、心に嬉しい素敵な作業です。しかし、今年はそれ以外にも、色々考えることがあります。<トーサイ music-net >を実際に行動に移そうとする今年ですから、「日本とクラシック音楽」の関係や「日本におけるクラシック音楽の意味合い」や「クラシック音楽の存在意義」「ビジネスと言う世界と、クラシック音楽の関係」などについて、もう一度根底から問い直すことになってしまいます。

 富士山の頂点を極めようとするならば、どうしても広くひろく広がった裾野から考えてみる必要を感じるのです。半分気が遠くなるような作業ですが、そこまで見極められなくては、取りかかることは出来ないでしょう。精神的にはシンドイ作業ではありますが、やれるかドウか・・・“腹”ククッテやるしか無いと思います。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-04-05 03:23 | 芸術随想