クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

“ランラン”の不思議

 一週間程前だったか、ベルリン・フィルのヴァルトビューネ・コンサートの様子がBSで放映された。野外のコンサート会場には何万という市民が思い思いに寝そべったり、くつろいだ様子で聴いていて....気分良さそう・・・。

 ランランがグリークのピアノ協奏曲の独奏者として招かれた。ウィーン・フィルのシェーンブルン野外コンサートでも、ランランが演奏しているのを聴いたことがある。ベルリン、ウィーン・・・世界を代表するようなオーケストラのソリストとして、しばしば登場するランラン・・・私には不思議に思われて仕方が無いのだが、当日のベルリンの市民には大受けの様子だった。

 初夏の夕暮れ、気持ちよい森の空気に包まれて聴くランランの音は、“薫風”に頬を撫でられるような、生理的な心地よさを感じることだろう。しかし昔BSで観た、キーシンのグリークとの違いは一体何だろう?音と自分との間に存在する一切の無意味なものを限界までに削ぎ落した演奏スタイル。もはやグリークの音楽の世界をも飛び越えて、存在の原点にまで遡る。そこに聴衆が観たものは『魔物の間』。《そよ風ランラン》とキーシンの《魔物の間》。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-28 19:47 | 芸術随想

企業メセナ&月下美人Ⅱ

 かつて大企業の企業メセナによるコンサートの企画制作に携わっていた時期があった。10年前にそれまでの様々な活動を休止して「電子書籍」の開発に没頭してきたし、ここ2年程はクラウドを活用したクラシック音楽家の為のマネジメント・システムの開発の研究を行ってきた。

 先日福岡市内のある会社から電話を受け、社会貢献活動として地域の人のための音楽会を開催したい旨、依頼を受けた。今後、復活させる予定の活動にも直接的に関係するし、何よりも地元企業がそのような気持ちでいてくれることが嬉しくて、是非ともお役に立ちたいと思ってお受けした。

 「歌」が希望、<皆で歌う>企画もやって欲しい、対象の多くは高齢者とうかがったので、親子で日本歌曲を得意として、歌うことの指導にもたけている知人を紹介した。本番の様子を知りたくて会場に足を運んだが、皆さん心から楽しんでいるご様子。地域でこのような機会が沢山あって、音楽が人生の糧となるような環境が調えられたらいいな・・・と感じた。今後、どこまでの事に関われるのかは別にして、問題は此れ等が無駄なく合理的に間違いなく進行するシステムを組み上げられるかにかかっている。
<企業の社会貢献活動のコンサート>
d0016397_059240.jpg

 夜、数日前には小さな莟でしかなかった月下美人が、花の房をふくらませ、いよいよ今晩には咲くことが判った。デジカメでその過程を記録してみた。
<月下美人Ⅱ>
d0016397_111172.jpg


d0016397_11394.jpg

 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-17 01:01 | 音楽企画制作

“月下美人”咲く

 “月下美人”が咲きました。近所の友人に電話して、一緒に花を愛でることにいたしました。酒蔵を探してみると、ガヴァ(スペイン/スパークリングワイン)を発見、これに「マイブーム」の『豆腐ドレッシング』をからめた野菜サラダを合わせれば、これ以上ないほどの『マリアージュ』のハズです。

 幸い2種類の野菜サラダの仕込みは既に完了しています。その一つは<ブルーベリー豆腐ドレッシング>もう一つが<マンゴー豆腐ドレッシング>。いずれもが果実をベースにしたもので、軽く繊細でスパークリングワインにピッタシの相性のハズ。

 “月下美人”に寄り添うようにガヴァと野菜サラダ(ブルーベリー)を置いて記念撮影。まず最初に“月下美人”の花弁に軽く乾杯!花とワインとオードブルが溶け合った素敵な時間を過ごしました。
<“月下美人”に寄り添う、ガヴァと自作の野菜サラダ>
d0016397_039739.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-07 00:39 | 芸術随想
 今日は<マンゴー>を前面に出したドレッシングを制作。起床前の1時間程、頭の中で色々と検討を重ね、試行錯誤の結果たどり着いたレシピ。制作にかかったのは夕方、クリームチーズを手に入れた後でした。

 先ず<マンゴー>は果肉を冷凍したのを持っていたので、それに昨晩購入したドライフルーツのマンゴー、これ等を包丁で小さくしてからフードプロセッサーへ。絹ごし<豆腐>を120g程、水気を拭き取ってから小さくして加えます。

 <食酢>を大さじ1、<オリーヴオイル>と<グレープシードオイル>をそれぞれ大さじ0.6と0.3加えます。ここに<卵黄>1、小さな<岩塩>4つぶ。最後に<クリームチーズ>2片をいれてフードプロセッサーで十分に攪拌して出来上がり。

 野菜サラダにまぶして食べると・・・・
・・・ディズニー「白雪姫」の七人の小人達が『ハイホー・ハイホー』と歌いながら行進しますよねェ・・・・
口の中で《野菜の小人達》が『うァーイ!...』と嬉しそうにはしゃいで、踊ったり、行進したり・・・こんなにハッピーな野菜達に、初めて出会いましたよ。

 今日のメインはヒラメのムニエルでしたが、昨日作ったオレンジとチーズのドレッシングで食べると、今まで食べたことの無いオシャレなムニエルとなり、何とも素敵でした。

 毎回、朝のベットで考えたレシピで制作し、特段レシピを残しているわけではなかったのだけれど、最近作ったブルーベリーのドレッシング以来、レシピとして残した方がイイかもしれない・・・という気がしていました。それで今日のブログは、少しだけ詳しく書いてみる事にいたしました。

 「豆腐のドレッシング」は軽くて、未体験の味覚の世界を展開してくれます。一番の特徴はサラダに入っている食材の持ち味を全てについて生かしてくれることです。そのものを生で食べるよりも、数倍もそのものらしく味わうことができます。ドレッシングが前面に出る事無く、食材の背後で食材の存在とその良さをサポートしているのです。昨年のフランス旅行の、その土地の料理とその土地産のワインとの『幸せな結婚』(マリアージュ)を思い出させる世界でした。
<マンゴーの豆腐ドレッシングと昨日作ったオレンジとチーズの豆腐ドレッシング>
d0016397_20113753.jpg

 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-04 20:11 | イベント情報
 “月下美人”に新しい花芽を発見しました。最初の花芽は鎌首をもたげ始めて、着々と“咲く”準備を進めています。

 今日はマイブームの『豆腐ドレッシング』第7弾。これもかなりの傑作です。土台の<豆腐>100gに<チーズ>⒊片、<卵黄>1、<オレンジの皮>をメインに<レモンの皮>をすり下ろしたもの。シベリアの<岩塩>をほんの少し。<グレープシード・オイル><オリーヴオイル>を各50%づつに、<食酢>を1。此れ等をフードプロセッサーにかけました。オレンジの香りのする優しいドレッシングが出来上がりました。次は<マンゴー>を使ってみようと思っています。
<咲く準備を進める“月下美人”、新しい花芽を発見!>
d0016397_22312663.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-03 22:32 | イベント情報

新しい花壇の仲間

 仕事の小さな一区切りができたので、研究所玄関前の花壇の苗を購入、プランター3個を新たに植え付けました。土は昨年の夏を越したもので、保管する折にEM菌を加えていたので『ふかふか』のすばらしい土壌が出来ています。ほれぼれするような『土』です。これに苦土石灰やPH調整材、腐葉土・栄養分を加えてプランターに入れました。

 昨日の福岡地方は豪雨とも言える程の雨だったので、一部の花びらが雨に打たれて落ちてしまいました。土の質は上々で、元気に育ちそうです。小さかった「月下美人」の花芽が、随分と成長しているのを発見!楽しみです。
<新しい花壇の仲間達/成長した「月下美人」の花芽>
d0016397_2132538.jpg


d0016397_21323755.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-07-01 21:32 | イベント情報