クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 明治維新の<脱亜入欧><文明開化>の方針に基づいて、政治・経済・文化の全てについて欧米を手本とする政策が急ピッチで進められました。明治維新 (1868年)以来、今日(2017年)までの149年間、日本の文化政策は同じ路線の延長線上を進んでまいりました。歴史的観点に立てば、150年弱の時間で「西洋音楽」が(日本)民族の血肉にまで浸透するハズも無く、いずれ中途半端な状態であることは避けようもないことでありましょう。

 急ピッチで西欧文明の導入を進めた日本人が、先ず<外観>からの導入に踏み込んだのは、無理も無いことだと思います。音楽学校・オーケストラ・オペラ、このように西欧で積極的に支持されていたシステムを<先ず導入する>ことから日本の<文明開化>は始まりました。

 第2次大戦後、1970年代の高度成長期ではピアノ・ブームが到来し、続けて全国に音楽大学の設立が続きました。同時期には全国の中学校・高校にブラスバンドが次々に誕生、学校における音楽部活動は合唱からブラスバンドへと移行してゆきます。続いて全国の大学には学生オーケストラが誕生、さらには市民オーケストラ・市民バンドが数多く誕生しています。近年では全国で<音楽コンクール>が花盛り。これは「何か新たな事を」と考えた時に思いついた結果なのでしょう。

 一見、これだけ盛んな<音楽>であるにも関わらず、どう見ても<日本国>や<日本国民>から遊離していて、根っこを大地に張り巡らせているようには感じられません。

 では、西欧ではどのような歴史を歩んできたのでしょうか?
7世紀(ca.650年 ) スコラ・カントルム(聖歌の演奏/教育機関)がローマに創設。8世紀(ca.750年 )フランスにてローマ聖歌とガリア聖歌が統合、グレゴリオ聖歌として発展します。このように西洋音楽の源流は、教会の中で「祈り」と共に産声を上げています。

 11世紀フランスのトルバドゥール、12世紀ドイツのミンネザングはいずれも 宮廷 (支配階級)において活躍した吟遊詩人達でした。 15世紀(1448年) 世界最古のオーケストラとして、デンマーク王立管弦楽団が創立。17世紀、ヴェネチアで最初のオペラが演奏されています。18世紀(1743年)宮廷楽団でも歌劇場専属でもない管弦楽団としては世界最古のオーケストラ、ライプツィッヒ・ゲバントハウスが発足しています。このように、西洋音楽は21世紀の今日(2015年)までに2000年弱の歴史を積み重ねているわけで、150年弱の歴史しかない日本と比べようもないのは致し方ないのかも知れません。

 しかし、西洋音楽が広く国民の血肉として浸透した理由が「経過した時間の長さ」だけにあったのでしょうか?明らかな理由の一つに、毎週の教会のミサに聴くパイプオルガンの響きであったり、祈りと共に歌われる賛美歌であったのは間違い無いでしょう。 あの重厚なパイプオルガンの響きに包まれることは、 今日の日本においても尚、ほとんどの人にとって不可能な事と申せましょう。

 最近、西洋音楽が広く国民に浸透した理由と思える重要な歴史的事実に出会いました。17世紀から18世紀に渡る200年間、ヨーロッパでは《家庭音楽》と称されるジャンルが非常に盛んに行われていました。200年間に渡って、支配階級の人々は言うまでもなく、中産階級から身分の非常に低い市民から農民に至るまで、<家庭>において日常的に<アンサンブル>を楽しんでいたのです。あらゆる階層の国民が楽器を演奏し、室内楽によって音楽の喜びを分かち合っていたのです、実に200年の永きに渡って!!全ての国民が共に音楽することによって絆を深めていた・・・音楽が国民の血肉となってゆく原因の一つが、明らかにここに在ると思います。

 日本にはブラスバンドを経験した1000万人にも及ぶ「楽器演奏者」が居ます。音楽大学を卒業して、結婚・子育てを終えた多くのピアノを始めとする音楽家の方々も居ます。彼らがSNSを通じて出会い、日本の各地にアンサンブルの輪を広げる時代がくれば、日本の音楽環境は更に豊かなものとなるでしょう。SNS【音楽仲間】を立ち上げて、各県に運営ボランティアを募集したいと考えます。

 又、日本の標準的な家庭で、お稽古事で子供がピアノを習っているような場合、お母さんは子供にピアノの練習をさせる(子供のお尻を叩く)ことに苦労ばかりをしていて、一方でお父さんは「蚊帳の外」の状態であるのが一般的な傾向であろうと推察されます。しかしお父さんも、実は「もしもピアノが弾けたなら・・」と 内心 呟いているのでは無いでしょうか?

 SNS【家庭音楽会】を立ち上げ、全国的な広がりを目指したいと思います。コンセプトは<もっと家庭に音楽を!>。子供だけがピアノを習うのではなく、【家庭音楽会】の発表会では、お母さんもお父さんも、皆でアンサンブルする喜びを共有します。この練習の過程では、間違いなく「子供」がリーダーとなり、家族の絆が一層強くなってゆくことでしょう。SNS【家庭音楽会】を立ち上げ、運営ボランティアを募集したいと思います。

 jmc音楽研究所は電子書籍の出版ノウハウを所有しています。【音楽仲間】や【家庭音楽会】において、相応しいアレンジ楽譜の出版を実現することが可能です。【音楽仲間】では色んな楽器編成のアレンジを、【家庭音楽会】ではお父さんが<指1本>で参加できるようなアレンジ譜を出版してまいりましょう。
 
 jmc音楽研究所は<アンサンブル>に焦点を当て、クラシック音楽がより一層日本に根付き、日本人の心の喜びとなれることを願いつつ、努力してまいりたいと思っています。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-10-26 01:37 | 芸術随想
 平成27年度「文化芸術による子供の育成事業」(文化庁)で山口県を訪問いたしました。10月19日(月)光市立“室積小学校”・20日(火)周南市立“遠石小学校”の2校、二日間ともに秋晴れの快晴に恵まれ、快適な巡回演奏となりました。

 同行した演奏家はヴァイオリン・チェロ・ピアノ独奏・アンサンブル(伴奏)ピアノ各1名、私を加えて合計5名のメンバーです。小学校の生徒が対象です、「初めてクラシック音楽の生演奏に接する子供達」と言うコンセプトで、鑑賞曲に指定された曲をメインにプログラムを組みました。この体験が<クラシック音楽入門>の切っ掛けになってくれることを願ってのプログラミングです。

 毎年のことながら山口の小学生には関心させられます。最後まで集中力を切らすことがありません。精神的な面で鍛錬が行き届いていることを感じます。 “室積小学校”では演奏会の後、弦楽合奏の指導を依頼されていました。練習室に伺うと、なんとフルート・オーボエ・ファゴット・チェロまで居るではありませんか!小学校でオーケストラ!高学年の生徒の都合が悪くなって、4年生のヴァイオリン8名の指導との連絡を受けてたのです。

 4年生は楽器を持って1年弱と言うことで、楽譜はサウンド・オブ・ミュージックの第2ヴァイオリンのパート譜だけが送られて来ていましたが、約1時間を合奏→楽器個別指導→合奏の流れで、基本的な事柄について指導をいたしました。十分な時間があれば、教えたいことは山程ありますが、たとえ短い間でも教えるチャンスを得たことで十分な満足感を得ることができました。

 翌日の “遠石小学校”の生徒も、シッカリと聴いてくれてやりがいを感じることができました。今後スタートさせるトーサイ・ミュージック・ネットワークでも、全国規模で同様な活動を推進できる体制の構築を目指します。日本にクラシック音楽を根付かせる最も重要な活動の一つが、子供達を対象とした巡回演奏であると確信していますが、今回演奏に集中している子供達を横から眺めていて、その思いを再確認いたしました。

 終演後は山陽自動車道“徳山東”から中国自動車道を通り帰路へ、途中<壇ノ浦PA>で休憩。関門海峡を望みながら「虎ふぐ雑炊」をいただきました。流石に<ふぐ>の本場、本物の<虎ふぐ>の刺身と雑炊・・・なかなかの“美味”でした。
(“遠石小学校”と“室積小学校”での演奏会、関門海峡を望む、対岸は門司港)
d0016397_17483331.jpg


d0016397_17491014.jpg


d0016397_1749436.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-10-23 17:50 | 芸術随想
 人間は『学習する動物』です。その<学習>で最も重要なものは、幼児期の母親との接触。『三つ子の魂、百までも』と言われるように、子供の『魂の核の形成』に重要な働きをもたらします。

 次に<学習>において大きな影響を与えるのが、生まれ育った土地の<気候風土>や<宗教><伝統文化>であります。学習したものは『自覚』され<自我の形成>を働きかけますが、学習しなかったものは<自我>の外側で永久に消滅します。

 西欧は「キリスト教文化圏」、北ヨーロッパ(ロンドン、パリなど)は「西岸海洋性気候」、地中海沿岸(ローマ、アテネなど)は「 地中海性気候」で、共に日本とは異なります。「モンスーン気候」「仏教文化圏」である日本人の場合、当然のことながら西欧とは異なる内容を<学習>しながら育つことになります。

 さて18世紀〜19世紀、キリスト教文化圏の西欧に打ち建てられた人類の金字塔「クラシック音楽」。人類の金字塔には違いないのですが、「モンスーン気候」「仏教文化圏」で育った日本人の場合は、<受け止める側>の問題をどう捉えれば良いのでしょうか?

 ウィーン留学中、ある日の指揮のクラスでオトマール・スウィートナー(1922年ー2010年/ ベルリン国立歌劇場: 音楽監督/ NHK交響楽団:名誉指揮者)がシューベルトの緩徐楽章についてこんな説明をしました。「この曲はウィーンの森で 木々を見上げながら散策をしているのだ」と言って、手を顎にあてがって木々の梢を見上げながら歩く様子を見せてくれました。私もウィーンの森を散歩して、その空気や様子を知っています・・・「正に、その通り!そのものズバリ!」内心感嘆の声を上げながら、その空気・風に揺らぐ梢や周辺の雰囲気とシューベルトの音楽の完全な一致に驚いたものでした。

 音楽は<音と心の間の共鳴関係>で成立する芸術です。それは同じ振動数を持つ[音叉]同士が、[共鳴箱]を接することで(本来振動していなかった)音叉が共振する関係に同じです。ウィーンの森の散策に覚えた深い印象の、その気温や風の様子、空や揺れる梢の様までがシューベルトの『音楽』の中に流れ、私の心に記憶の中の風景を呼び覚まさしてくれました。しかし、「ウィーンの森」を体験していない日本人が、このシューベルトを聴くことの意味は何処に在るのでしょうか?

 シューベルトはこの曲をウィーンの森の様子を<描写>する目的で作曲したのでしょうか?答えは勿論「否」です。空と雲の輝き、頬をなでる風と揺らぐ梢のざわめき、柔らかな土の感触と優しい野の草花・・・これら全て、創造主が造り賜うた《自然》に対峙する《自分》という存在の不思議。シューベルトの目はそこに向けられています。それは『魂の目』をもって対峙しなくては、決して《自覚》できるものではありません。

 《魂の自覚》・・・これこそがクラシック音楽が《人類の金字塔》である所以であります。《魂の自覚》を求め促す芸術として、クラシック音楽が世界の宝であり続けることは、永遠にかわらないでしょう。しかし「ウケ狙いの演奏」スタイルや、奇をてらう衣装や照明で注目を集めようとする演奏ユニット、はたまた間抜けなオペラ演出などを見ていると、ある意味<クラシック音楽の危機>の時代であるとも思えます。

 私は日本人に伝統的に備わっている『高度な感性』や『精神性の高潔さ』を信じています。かつて、歴史の中で「和魂漢才」を見事に消化吸収し、日本人の血肉と化した民族の力を信じています。「トーサイ・ミュージック・ネットワーク」(Tom-net)は、そのような時代の到来に資する活動として、推進してまいりたいと願っております。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-10-11 13:36 | 芸術随想

“金木犀”

 金木犀は私の一番好きな花です。桐朋学園に通っていた時代、校門の隣に植えられた金木犀が、門を通った瞬間に「ふわっ〜」と薫ったことを思い出します。大学時代の最も印象に残る想い出かもしれません。

 金木犀の便りは聞いていたのですが、クラウド・コンピューティングの森に紛れ込んで、中々出て来れないような状態が続いていました。昨日のこと、「所長室に籠っても“煮詰まる”ばかり」と思い、車で近くの春日公園に出かけました。

 公園駐車場に駐車。車を出ると間もなく「ふわっ〜」と金木犀の薫り・・・瞬間、気持ちが浮き立ちました・・かなりの《幸せ感》。ラクビー場の一角に金木犀が群生している場所があり、いつもソコで金木犀に包まれて過ごすのが習慣になっています。

 金木犀のトンネルに包まれて、持参したクラウド・コンピューティングのマニュアルを開きました。所長室で読むと完璧に「無味乾燥」な代物ですが、金木犀の薫りに包まれていると、心身ともに緩んで、読むことに苦痛を覚えることがありません。

 眼前のラクビー場では、2つの団体が練習中です。若い大人の指導者が、喉をからして喚くがごとくに指導中。「自分の人生では、こんなに喚かれながら汗だくになって練習に打ち込んだコトは無かったなぁ〜」などと思いながらマニュアルを読んでいました。「こうした少年達にも、若い指導者達にも、<時>は平等に何事も無かったように流れて行き、いつか何処かに流れ着くんだろうなぁ〜」・・・そんな、何とはない思いに包まれながら過ごした、夕方の公園でした。
<ラクビーに打ち込む子供達と、金木犀の木>
d0016397_101118100.jpg


 
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-10-11 10:15 | 芸術随想
[支える側の問題-1]
 クラシック音楽を支える人達、つまりクラシック音楽愛好家の現状はどうなのでしょう?【統計局平成23年社会生活基本調査】によりますと、クラシック音楽鑑賞者:978万人、楽器演奏者数:1,091万人とあります。

 クラシック音楽鑑賞者より楽器演奏者の方が多いのが注目されますが、これはブラスバンドの体験者が多いという事なのではないでしょうか。私の身近な体験からすると、 クラシック音楽鑑賞者(特に生の演奏会)では高齢者の比率が非常に高いように思います。平均で60歳くらいの年代の人達が支えているのではないかと思われます。また前述のクラシック音楽鑑賞者数と楽器演奏者数は、互いに重なることは無いのではないでしょうか。ブラスバンドの現状を見ていると、ブラスバンド出身者がそのままクラシック音楽鑑賞者になってゆくとは考えにくい。このような現状も踏まえて、クラシック音楽の若い愛好家を如何にして育てるかが課題となるでしょう。

 もう一つ、日本のクラシック音楽愛好家は《オーディオマニア》が非常に多いと言うこと。レコードのSP盤やLP盤の時代、西洋のクラシック音楽は『高嶺の花』でした。わずかにSPやLPのレコードに針を落として、その香りを想像する以外に方法は無かったのです。こうして日本のクラシック音楽ファンは、オーディオを入り口として音楽に接してきたと言う歴史を抱えています。その後、オーディオ装置そのものの特色・特徴・嗜好の違いをマニアックに追求することに軸足を移して行く傾向も現れました。「音楽鑑賞」=「オーディオ鑑賞」と言う《小宇宙》の住人、日本のクラシック音楽愛好家の、特色ある傾向の一つと言えるかも知れません。しかし、これらオーディオマニアも高齢者が多いのではないでしょうか?
[PR]
by jmc_music2001jp | 2015-10-05 22:35 | 芸術随想