クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 2月26 日(日)『音楽仲間』が〝歩み〟の第一歩を踏み出しました。アンサンブルの喜びの輪を広げてゆくその趣旨について、西洋音楽の歴史と日本における歴史とを比較して、お話をいたしました。

 私のウィーン留学以来、35年以上も追求し続けてきたテーマ<日本のクラシック音楽家へのアート・マネジメント>。現状・問題点とその原因・改善への処方箋等々、35年の研究の結果を、なるだけ簡潔にお話しました。

 当の皆さんにとっては「アンサンブルが楽しい」だけで十分な分けですし、私の35年の苦闘など興味も無いと言うのが本音でしょうから、話は骨格だけに留めました。

 このプランを推進するにつけて、先ず皆さんの興味と関心のある「演奏の楽しみ」を前面に押し出して進めるべきだろうと思います。『音楽仲間』の<発表演奏会>を開催して、出演者を公募するのが一つ。その中に『家庭音楽会』の企画を組み込もうと思います。

 子供のお稽古事は今もピアノが大きな比重を占めていると思いますが、その実情を詳しく見ると、子供がピアノ教室に通って、お母さんは「練習しなさい」を繰り返す毎日で、ピアノの存在が親子関係に亀裂をもたらす原因になっていたり......。一方、お父さんは<蚊帳の外>状態・・・これが平均的な姿なのではないかと推察されます。

 お父さんの心の中を覗いてみると・・・<もしもピアノが弾けたなら.....>と呟いているのではないでしょうか?jmc音楽研究所には電子書籍(VierWeg)を出版するノウハウがございます。<お父さんが指1本で参加できる>アンサンブル譜をアレンジして出版、『家庭音楽会』において、家族全員でアンサンブルを楽しめる環境を提供できれば、<音楽が家族の絆を強くする>効果が期待されます。この事は、音楽が深く日本人の心に浸透する切っ掛けの一つとなるのではないか、と思われます。
<クラシック音楽の歴史と問題点を、ザックリとお話......>
d0016397_16070830.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-27 16:07
 19日(日)は『音楽仲間』としての第1回目のコンサート。5名のクラリネット奏者による<クラリネット・アンサンブルの小部屋>。聴いていて《これだ!》と言う思いを強くしました。

 このような仲間たちが、他のグループと接点を持ち、新たなアンサンブルを結成する・・・そのようにアンサンブルの輪が広がり、新たな『音楽の絆』が結ばれてゆけば、やがて『音楽』が深く深く魂の奥へと浸透してゆくに違いありません。そのような道筋をはっきりと感じ取ることができました。

 規約や運営組織、マニュアル・システムを組み上げてこの活動を推進してゆけば、大きな実りが期待されます。
<本番の演奏、終演後の様子>
d0016397_22011259.jpg
d0016397_22013737.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-19 22:03
 2月19日(日)は《クラリネット・アンサンブルの小部屋》がjmc音楽研究所ホールで開催されます。これは、これから推進してゆこうとする『音楽仲間』の活動の一環で、その第1号となる演奏会です。

 国の調査によりますと、音大卒業・ブラスバンド経験者・学生オーケストラ等の経験者(楽器演奏者)が全国に1091万人居るとの事。現在、市民バンドや市民オーケストラに在籍して居る人を除けば、大半の人が「演奏の場」から離れている状況であることは明らかです。これ等の人々に『アンサンブル』を通じて『音楽の絆の輪』を広げて行くことはできないだろうか.....この想いが『音楽仲間』のそもそもの発端でした。

 1600年から1900年の300年の間、ヨーロッパの国々では支配階級から最貧民の農民に至るまで、国中のあらゆる階層の人々が『家庭音楽』と呼ばれる室内楽(アンサンブル)を楽しんでいました。この300年の『家庭音楽』は、西洋音楽が人々の魂の奥深くに染み入ることに重大な役割を果たしたに違いありません。日本にとってもこのプロセスは絶対に欠かせない、最良の処方箋であると思います。明治政府が西洋音楽を導入してから、日本は未だ140年の歴史しか刻んではいないのですから.......!!
<当日プログラムの表紙>
d0016397_22193922.jpg

 

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-16 22:20
 私の長男が<別府大分毎日マラソン>に出場、家族で大分を訪れ、本番2日前には別府で私の誕生祝いもやってくれた。我々の主たる目的は孫に会うことで、(仕事の都合で)マラソンの応援は叶わなかった。

 本番当日、受付会場で新聞社の取材に会ったらしく、写真の掲載された毎日新聞を送ってきてくれた。白い長テーブルを挟んで、向かって右側が長男家族。手前に孫、お嫁さん、長男が写っている。

 息子のマラソン、3時間7分で完走したそうで、一般ランナーとしては悪くない記録だろう。「よく頑張った!」と褒めてやろう。孫も可愛く写っていて、こっちには「デレデレ」だ・・・。
d0016397_16064803.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-13 16:07 | イベント情報

別府大分毎日マラソン

 2月3日4日は別府に滞在しました。私の長男が毎年<別府大分毎日マラソン>に出場していて、5日の本番まで家族で別府に来ているので、我々夫婦を別府に招待してlくれました。5日の本番の応援をしたかったのだけれど、我々の仕事の都合で3日一泊の日程となってしまいました。

 わざわざ別府まで足を伸ばしたのは、孫に会うのが最大の目的、ついでに私の誕生祝いを盛大に行ってくれたのです。別府といえば《関サバ》!、関サバの舟盛りを盛大に振舞ってくれました。これに大分を代表する銘酒<西の関>の《美吟》をいただけば、楊貴妃と小野小町が口の中で舞い踊ってくれます。

 予約してくれた温泉旅館も、海に面した温泉付きの部屋で、気分そう快でした。旅館の案内で夜明けが7時7分との事、6時30分に起床して夜明けの別府湾の変化を楽しみました。温泉や風景もさることながら、何も音が聞こえない『静寂』が心を安め、元気を回復してくれました。
<別府湾の夜明けの変化と日の出>
d0016397_21295652.jpg
d0016397_21304601.jpg

 

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-02-05 21:31