クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

武蔵寺の〝藤〟

 ゴールデンウィークの二日目、福岡は快晴。道端にはツツジが咲き、季節が「ゴガツーッ!」と叫んでいるようで、強い日差しが初夏を想わせる。
d0016397_22360912.jpg
 この季節は、筑紫野市にある九州最古の仏蹟『武蔵寺』の、樹齢700年余と言われる〝藤〟が大変美しい。折角のお休みに、家でくすぶっているのもナンだから・・・出かけることにした。
d0016397_22363846.jpg
 太宰府に流された菅原道眞も、しばしば武蔵寺をおとづれている。武蔵寺の麓から天拝山への登山道が始まり、道眞が天拝山へ登る前に〝身を清めた〟小さな滝が、水音を立てて今も流れ落ちる。
d0016397_22443868.jpg
d0016397_22452522.jpg
東風吹かば 匂ひ起こせよ 梅の花 主なしとて春を忘るな   <菅原道眞>
d0016397_22483970.jpg
帰り道に、芭蕉の句碑を見つけた。芭蕉もここまで来ていたんだ........。

鶯の かさおとしたる 椿哉  <松尾芭蕉>



[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-30 22:52

春から秋の花壇

 例年この時期は春から秋の花壇を準備します。月曜日に花屋を覗くと、ありました<サフィニア>。早速、20株の苗を購入いたしました。1個のプランターには3株を植え付けますが、時として生育状態が悪いものがあって、安全の為に1株多く購入することにしています。

 火曜日は朝8時から植え付けの準備です・・と言っても、話は簡単ではなく、冬のプランターの土を寝せるための準備、新たに植え付けるプランターを綺麗に洗浄しなくてはなりません。それから半年寝かせた土を持ってきて「土作り」。新たなプランターに鉢底の石を敷き詰めてから、出来上がった「土」を足して行きます。

 いよいよ<サフィニア>の苗を植える段階になったのは、深夜零時。植え付けを終えて水をあげ終えたのが深夜1時。食事を挟みながら、足掛け17時間.......植え付けの頃には腰が痛くなってきました。かなりヨレヨレ、2日程アチコチ筋肉痛でしょうね・・・。

 こんな時はビールに限ります。クリムトのマグカップで「カンパーイ!」、これで落ち着きました。
d0016397_02100489.jpg
d0016397_02102162.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-26 02:10
 今は新しい<jmc音楽研究所ホームムページ>の作成に取り組んでいます。本日<音楽家専用ホームページ作成サービス>サイトが完成!随分と悩んだりもしましたが、ついに完成です!・・・嬉しい限り。しかし、まだまだ続きます..........。

 今日までに出来たサイトは、以下の通りです。

<jmc音楽研究所>トップページ  http://jmcmusic2001jp.wixsite.com/tom-net
<jmc音楽院>(音楽教室)    http://jmcmusic2001jp.wixsite.com/jmc-music-school
<音楽家専用ホームページ作成サービス> http://jmcmusic2001jp.wixsite.com/homepage-service

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-22 21:41

心のスクリーン

 夜11時に風呂に入り、午前零時頃に少しネットをチェックしてから寝酒をいただくのが習性になっている。近くのスーパーに酒やアテを求めて、夜の散歩・・・少しイイ気分になって床に就くのは、大体深夜2時くらいだろうか。

 このところ早朝に目が覚めて、頭が冴えていて寝付けないような日々が続いているが、そんな時は逆らわずに起きて所長室で仕事をする・・・眠くなれば、また寝ればイイのだから......。

 一仕事してリビングに行くと、BSでリサイタルの放映中、女性のピアニストがシューベルトとラフマニノフを演奏している・・・紅茶を入れて飲みながら、何となく聴いていた。

 演奏するとは、楽器で〝心のスクルーン〟に〝音像〟を描きあげる行為ではないだろうか。画家がキャンバスに筆を入れる時、イーゼルとキャンバスが〝ゆらゆら、クラグラ、ガタガタ〟と揺れていたならばドウだろうか?・・とても絵は描けまい。

 〝心のスクリーン〟は静止しておかねばならない、さらにそのスクリーンから一瞬たりとも目を外らしてはならないのだ。〝心のスクリーン〟が静止した状態を保てて初めて、イメージ通りの〝音像〟を描くことができる。

 ピアノという〝筆とパレット〟を〝想い〟通りに縦横に駆使するには、ピアノと自分との境界線である鍵盤の存在が、これもまた静止した状態で認識できていることが不可欠だ。〝心のスクリーン〟と〝ピアノと自分との境界線〟の双方を静止させて、意のままの〝音像〟を描き切ることができるのが、ただ一人『キーシン』というピアニストだと思う。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-21 16:44

春雷

 夕方、激しい雨音と共に春雷が鳴り響いた....桜吹雪に幕を引き、こうして劇的に季節の扉が開かれる。土曜・日曜の福岡地方の気温は26度、いよいよ本格的な春が幕を開ける。昔、ウィーン留学中の4月、復活祭のその日に、花々が一斉に咲き始めたのに遭遇した。「<復活>とはこの意味だったのか!」といたく感動させられたことを想い出す。

 連日、新しい研究所のホームページの制作に勤しんでいる。<トップページ><音楽教室>を作って、今は<音楽家専用ホームページ作成サービス>のサイトを製作中。ところが、フッっと気になって<音楽教室>のサイトの中味をチェックしてみたら、「SEO対策」の処置をしていない事を発見!<何たること!>と他を調べると、全ての「SEO対策」が未処理!先ずサイトのデザインを終えてから処置しようと思ったのだろう・・・きっと。早速、<トップページ><音楽教室>に「SEO対策」を処置した・・・やれやれ。

 今晩はこのブログを書きながらビールを飲んでいる。KIRIN一番搾り「若葉香るホップ」(心弾む爽やかな香り)。ジョッキは、ザルツブルグで入手したクリムトの「接吻」のマグ・カップ。ウィーンのベルベデーレで鑑賞したクリムトのコレクションを想い出しながら......。
d0016397_01040448.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-16 01:04

樹芸の森

 土曜日の福岡地方は小雨模様のお天気で、夕方に少し晴れ間が顔をのぞかせました。一帯の桜はもう満開、四王寺山の桜が見たくなって、車を走らせました。

 山は中腹あたりまで雲に覆われて、少し怪しげな様子です。いつもの《桜の森》辺りは大丈夫だろうと、山道を登ってゆきました。木の葉に溜まった雫が時折フロントガラスに落ちてくる程度で、雨は止んでいます。

 中腹の手前でUターンして車を止めました。外は静かで、雨に洗われた山の空気が胸の中を潤してくれます・・あゝ、本当に久しぶり。静かな幸せを感じます。

 少し下ると、山道の右側に駐車スペースがあって、そこは山に勉強に出かける時に一番利用する場所です。そのスペースは、すぐ上を覆うように咲いている桜の大木からの花びらで敷き詰められていました。

 いつも勉強に使う東屋までゆっくりと歩んでゆくと、穏やかな山の『気』が頭の中に染み込んでくるようで、本当に救われるような気持ちになります。

 さらに少し下った広場の脇に車を止めて、広場に流れ落ちる雪崩のような桜の姿をカメラに収め、山を降りました。
d0016397_00090212.jpg
d0016397_00093590.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-09 00:10 | 芸術随想
 今、世の中は非常な勢いで<インターネット>により相互に繋がろうとしている。この《流れ》は、今後強まりこそすれ決してなくなりはしないだろう。音楽家がそのような時代の《流れ》と共に在るべきであるのは言うまでもない。

 jmc音楽研究所がクラシック音楽に貢献できる活動の一つとして、<インターネット>を如何に活用するかが大きなポイントとなるだろう。昨年より準備を始めた<音楽家専用ホームページ制作サイト>の運用準備は、8割方が仕上がってきた。

 このところ、サイト・デザインをどうするかで暫く頭を巡らせていて、随分と時間がかかってしまった。本日、デザイン制作に取り掛かり、姿が見えてきたように思う。「シンプル」で「分かりやすい」デザイン、そして使い勝手の良いもの・・Macのように<シンプル・イズ・ベスト>でなければならないのだ・・・それが見えてくるまでは、簡単ではない。

 さて、これから数年は<インターネット>の活用の道を模索することになるだろう。これを自分の『道楽』にしてしまうのが、一番いい方法かもしれない。
 

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-04-08 00:21 | 音楽企画制作