クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 jmc音楽研究所の<音楽家専用ホームページ制作>サイト、「標準4ページ企画」サイトに続いて「1枚のパスポート」制作サイトが完成いたしました。このところ集中していた仕込みが、やっと完了いたしました。

 今、社会はインターネットにより一層深く緻密な繋がりを形成しつつあります。10年前には想像もできなかったような社会基盤の一大変革が進行中です。「10年後に消滅する職業」が話題になる昨今・・・音楽家もウカウカしてはおられませんね。

 この時代の流れの中、jmcは音楽家が社会との繋がりを持てるツールとして<ホームページ制作>に力を入れることにいたしました。必要十分な記載事項を整理し、3種類の「標準4ページ企画」テンプレートを制作いたしました。そうする内に「社会と繋がるには、最低トップページがあれば十分」と言う事に気付いたわけです。これを(社会と繋がる)「1枚のパスポート」として音楽家の皆様に提案いたします。

<サイトURL> http://jmcmusic2001jp.wix.com/homepage-service

<「1枚のパスポート」3種類のテンプレートの説明>
d0016397_22422134.jpg
<制作概要と申し込みフォーム>
d0016397_22433487.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-26 22:44
 現在進めている<音楽家専用ホームページ制作>サイトの開設準備、着々と進んでいます。サイトの構成はトップ・ページが「標準4ページ企画」。ホームページのテンプレートが「音楽教室/音楽教師」「演奏家」「フリーランサー」専用にそれぞれ3種類。必要事項が十分に含まれた4ページの構成です。

 3種類のテンプレート毎に、ページデザイン概要と記載要件を案内、準備する「記載事項」「画像jpg」「動画」などを説明しています。

 もう一つのページが「一枚のパスポート」サイトで、ホームページの要件を1ページに凝縮して掲載、トップ・ページの1ページを<社会と繋がるパスポート>として活用しようとするものです。1ページのみの制作なので業界破格の経費で、自分のホームページ(スマホ対応・SEO対応)を持つことができます。

 サイトURL http://jmcmusic2001jp.wix.com/homepage-service
<トップ・ページ「音楽家専用ホームページ制作」PC画面をjpg撮影>
d0016397_22271201.jpg
<「標準4ページ企画」に各テンプレートの内容を紹介/PC画面をjpg撮影>
d0016397_22390171.jpg
<「一枚のパスポート」サイトで、制作の流れや制作費について説明/PC画面をjpg撮影>
d0016397_22411486.jpg



[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-23 22:41
 今日『家庭音楽会』のアレンジ譜の第1号が刊行されました。曲はサン=サーンスの「動物の謝肉祭」より『白鳥』。これ等のシリーズは、家族全員で行うアンサンブルで、お父さんが<指一本>で参加できるようにアレンジされた珠玉の小品たち、その第1号としてサン=サーンスの『白鳥』が電子出版されました。

 従来の(そして現在も)家庭における子供のお稽古事は、一家で子供だけが音楽教室に通いレッスンを受け、お母さんは子供の練習の監視役、毎日々々「練習しなさい!」と子供のオシリを叩く役割・・・そして、お父さんは「蚊帳の外」・・・。こんな環境で、子供は練習が苦痛になるばかり・・・ついには<音楽>そのものさえ嫌いになりそう......。そんな様子を横目に見ながら、その実お父さんは『もしもピアノが弾けたなら......』と、心中密かに呟いていたりするものです・・・。

 そんなお父さんの為に<指一本>で参加できるようなアンサンブル楽譜を出版して、家族全員でアンサンブルの喜びを体験できる様な環境を提案しよう・・・と言うのが、このプロジェクトの目的です。アンサンブルほど『音楽の喜び』を強く深く感じさせてくれるものはございません。家庭の中に<音楽の喜び>が芽吹き、一家の『絆』が更に強いものとなって行くでしょう。

 jmc音楽研究所は音楽電子出版と同時に、プロ・アマチュア・愛好家の集団である『音楽仲間』の発表演奏会の1コーナーとして、誰でもが自由に安心して参加できる「家庭音楽会」の枠を提案して行こうと考えています。
<販売サイト>http://jmc2001jp.cart.fc2.com/
(<VierWeg家庭音楽会>電子書籍/サン=サーンス「白鳥」)
d0016397_22145946.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-17 22:15
 jmc音楽研究所は「音楽家が社会と繋がるツール」として、<音楽家専用ホームページ作成サービス>をスタートさせましたが、もっと沢山の音楽家が容易に社会と繋がるHPを持てる<作成サービス>を追加しようと思っています。

 つまりコウです。「音楽教室・音楽教師専用」「演奏家専用」「フリーランサー専用」とそれぞれ4ページの構成で構築されたHPですが、『社会と繋がる』と言う一点にポイントを絞るならば<1ページ>(トップページ)で十二分に繋がることはできる訳です。必要十分な項目を<1ページ>にぎゅッと詰め込んだページを「音楽教室・音楽教師専用」「演奏家専用」「フリーランサー専用」とそれぞれ3種類準備する、それを各自のホームページとして活用するのに加えて、jmc音楽研究所のHP内に設置する「音楽教室・音楽教師」「演奏家」「フリーランサー」紹介サイトとリンクさせて設置すれば、検索エンジンにより強くアピールすることになり、社会と繋がる力が一層向上することになります。この方法ならば「ピアノ調律師専用」のサイト・デザインを追加すれば、調律師の方々にもお役に立てると思われます。1ページなら<1万円>(税別)で作れるではありませんか!
[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-14 23:00
 ゴールデン・ウィークも今日でおしまいか、いやはや今年のゴールデン・ウィークはかつて経験した事も無いような「連日」でした。

 4月末から5月初めは例年花壇の植え替えの時期、今年もサフィニアの株を買って来て月末にかけて新しいプランターに植えつけました。昨年の株で元気なものが2年目を迎え、それを2日の夕方に少し大き目の鉢に植え替えてやりました。その時、重い土の袋を不用意に右手で持って、腰の右側にグギッっと衝撃を受けました。その晩は〝少し痛いな〟....位の感じだったのですが、連休スタートの3日の朝から悲鳴を上げるほどの痛みが襲ってきたのです。それでもストレッチをすると楽になり、安静にしている分には、ベットに座っていても痛みは感じずに居られます。

 2日ほどは安静にしてベットで過ごしましたが、一向に改善の兆しは見えず。5日には病院に行くことを決意。しかし、寝室の3階から階段を降りるのが不可能と思い、救急車をお願いしました。救急隊員が部屋に来てくれて、体側に沿って置かれた担架にそっと身体を移動させます・・・それから移動です・・持ち上げると《イッ!タぁーーッ!!》、尋常の痛みではありません。

 恐怖の打楽器群の総攻撃です。基本はシンバルをバチで連打するような痛み<ジャらシャラしャラジャリジャリ>そこにティンパニーの連打とSf<どぅルルルどォーンどぅルルルどォーン>シロフォンの連打が重なり<カンかンかン>鉄筋が突き刺さる<キィーン・カィーンキィーン>そこに銅鑼が<どぅオ〜ん>大太鼓の連打<どルルルどぉ〜ン>シンバルの連打<ジャらシャラしャラジャリジャリ>稲妻のようなシンバルの強打!<バつ!シャあ!アアアアアアアアア....アン>!・・・っとマア、こんな風でしたね..........。

 病院に着くまでの十数分、到着前にはかなり治まっては来たものの、生まれてこの方経験した事も無いような痛みに苦しめられました。X線撮影と2度のMRIの結果、診断は「脊椎間狭窄症」。「無理をすると大変なことになるよ」との脅しにしたがって、再び3階のベットで謹慎しています。

 仕事はiPadでやれるので、集中して仕上げるべき「音楽仲間」の各書式を作り上げました。しかし、iPadは持つ角度でクルクル画面の上下を切り替えるので、寝ながら操作するとやや疲れます。

 ゴーデンウィーク中、身体を休めていたので、心身の奥の奥は本当に安まったのでは無いでしょうか。天井を見ながら休んでいると、幼少のころ病気で寝ていた時のことが昨日のことのように思い出されます。眠っている私の額のタオルを枕元の洗面器の水で濡らしてから額にかけてくれた感触や、優しかった母がいつもに増して優しく接してくれた感覚。試しに「梨が食べたい・・」と言ったら、間も無く梨が出て来たり......アレにはチョット味をしめたような気分になったものです・・そんなこんなを想い出しました・・・優しいお母さんの『愛』は、いい........。

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-05-07 21:20