クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 30日(日)はjmc音楽教室<夏のミニ・コンサート>。今回は初めて『音楽仲間』『家庭音楽会』の企画と共同で開催いたしました。

 私が桐朋学園を卒業した時期は、高度成長期の真っ只中の<ピアノ・ブーム>と言われた時代でした。全国に音楽大学が次々と開校した時代でもあります。お父さん方は当時次々に開発が進んだ<ニュータウン>からの長距離通勤に疲れ果てて、いつも通勤電車で居眠りばかりしていたのを思い出します。リビングには新品のピアノ、子供達はお母さんにお尻を叩かれながら練習に打ち込んで(打ちコマされて)いました。なにやら<訳のわからない音符>の練習を繰り返すのは相当な苦痛を伴い、それが原因で親(母)子喧嘩・・・と言うのも日常茶飯事であったように思います。

 子供だけが(何が楽しいのか、本当には分からない)音楽教室に通い、母親は<子供のお尻を叩く>しか励ます方法を見つけられず、一方で父親は<蚊帳の外>..........そんな時代であったと思います。それでも、社会が豊かになって行くにつれて全国の中学高校にブラスバンドが盛んになってゆき、その内に大学オーケスオラから市民オーケストラまでが盛んになってゆきました。

 ブラスバンドは<コンクールの競争に勝つ>ことだけを目標に、「朝練」「昼練」「夕練」土曜日も日曜日も無いような活動に明け暮れ、音楽の本質的なメッセージに目を向ける間も無く、部活を終える頃には『燃え尽き症候群』.......。音楽の技術的な水準は、世界的に見ても非常に高くなっていると思います。もちろん音楽の専門家においても、技術的に世界水準に達してからすでに久しい。今日、足りていないものと言えば『音楽が深く日本人に浸透しているか』という点。一見<技術的華やかさ>は見て取れるものの、大地に繋がる『茎』と、地中に深く食い込んだ『根』の存在が感じられないと言う問題が残ります。

 西欧では1600年〜1900年の300年に渡り、社会のすべての階層において『家庭音楽』が『楽しみ』として浸透していました。このアンサンブルが『茎』となり、西欧に音楽が『根』を張って行く最大の要因として作用したのでは無いでしょうか。コレを我々は『音楽仲間』や『家庭音楽会』の活動を通じて推進してゆきたいと思っています。

 今回の発表会で一家四人で連弾に参加したDさん家族。お父さんは<初舞台>で長男はピアノの下に潜るという<参加>でしたが、数ヶ月の間サン=サーンスの「白鳥」を仕上げることに『一家』で取り組みました。お父さんは「やってみると面白い」と今後に向けても<やる気満々>、遠からず長男も演奏に参加できるようになるでしょう。そしてアンサンブルを通じて『家族の絆』が強くなって行くのも、素敵な話ではないですか!こうして『音楽』は、人の心の奥深くに根を下ろして行くのでは無いかと思います。
<『家庭音楽会』Dさん一家の初舞台。サン=サーンス「白鳥」>
d0016397_23042026.jpg
d0016397_23054052.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-30 23:06
 新しいjmc音楽研究所のホームページに音楽電子書籍の販売サイト<フィルヴェーク書店>を製作中です。まだ途中なのですが、Facebookに「サイト制作進行中・・」と案内を出しました。

 先ほどFacebookのサイトを覗いて<ビックリ!>。販売サイトのURLを掲載すると、「サイト案内」にSEO設定に使用した<案内文>が掲載される仕組みになっているようで・・・それを読んで<ビックリ>しました!!

 Vier Wegの特徴を説明している文章ですが......「音楽学習の向上を目指す」とアルはずが「音楽悪臭の向上を・・」となっているではありませんか!「なァント言うことでしョ〜ぅ!」(before after風に)入力ミスではアりませんか!

 慌ててサイトの編集画面を開いて訂正・・・まだまだ制作の途中、やらなくてはいけない作業が一杯残っています。

<フィールヴェーク書店> https://www.jmcmusic2001jp.com/vierweg
[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-28 01:06

Mac.の〝自己満足〟

 私は30年来のMacユーザー。Macの日本上陸時からのユーザーで最初は512、半年ほどでMacPlusにバージョン・アップした。初めて展示場に足を運んで<コレは使える!!>と思ったから即座に購入した経緯がある。以後、一貫してMacユーザー、そのポリシーにいたく満足して今日までやってきた。

 ところが最近、非常に〝頭〟にきている。パスワードのセキュリティーを高めたとかで、何とも〝訳の分からん〟状態になっているのだ。新しいソフトのダウンロードやバージョン・アップするサイトを開くと、IDとパスワードを要求してくるが、パスワードを入力すると「そのパスワードは無効になっています」「パスワードをお忘れですか?」ときて、「パスワードの再設定」の手順に従って操作すると、普通は「再設定」された<パスワード>が有効になるハズなのが、再度「そのパスワードは無効になっています」の表示......。

 一体<どうなっとるんだ?!>と問い合わせて、サポート係と電話で話しながら<再設定>しても、やはり「そのパスワードは無効になっています」.......。一体<何>なんだと問い合わせると、セキュリティーのハードルを高めたとの事。再再設定のメールが数日から(長くて)一ヶ月後に入るのだそうだ・・・「お前ら、ユーザーの仕事の邪魔するのが目的なのか!!!」

 <パスワード保護>の思いっきりハードルを上げたシステムを構築して、ユーザーを<訳の分からん>状態に追い込んでおきながら、<パスワード保護>へのとんでもない自己満足!再設定の案内手順に従って操作して尚「そのパスワードは無効になっています」とは何事かッ!!

 そもそもMacとは、<ユザーフレンドリー>の思想で設計されたPCではなかったのか?<アホ>かいな・・・全く!

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-23 01:39
 インターネット上に『音楽プラットフォーム』を構築する挑戦が始まっています。どのようにあるのがベストなのか・・・何時も(見通せない)『遠く』を望みながら、今日の作業に取り組んでいます。

 このところ取り組んでいるのが、一つは<フィールヴェーク書店>。将来的に事業の柱として育てたいと思っている『音楽電子書籍』の販売サイトです。ダウンロード販売が出来るとの情報を見つけて「やったーァ!」と思ったら、現在の扱える情報量が非常に小さくて、既刊の電子書籍が乗っからない。動画も扱えると聞いたけど、5分くらいの動画しか扱えない・・現状ではとてもでは無いが使えない。しかし、この世界の進歩は早いので、ゆくゆくはダウンロード販売に集約したいと思っています。

 販売サイトに説明のためのPDFを表示させたくて、このところ随分苦労していました。その問題も今日やっと解決法が見つかってホッっと胸を撫で下ろしているところです。これで販売サイトの制作に取り組めるでしょう。

 もう一つ苦労しているのは、願い通りの『検索システム』を構築できるか否か・・・「音楽の先生」も「演奏家」も「指導者」も「調律師」も、みんながデータベースに登録できて、誰もが『検索』できるシステムができないか・・・一番欲の深い願望の実現を目指すものだから・・・とてつもなく深いジャングルに踏み込んでしまいます。今流行りのドローンでも飛ばして見ますか・・・。

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-18 22:40
 11日火曜日は第19回『日本酒を味わい尽くす会』、二ヶ月ぶりの開催は随分久しぶりの感じが致しました。今回は我々の愛飲酒でインターナショナル・ワインチャレンジ「日本酒部門」の初代チャンピオンSAKEに輝いた菊姫『鶴乃里』をメインに、新潟の名門「越乃寒梅」の新作、純米吟醸『灑』(SAI)を楽しみました。

 純米吟醸『灑』は案内書きに<10度がオススメ>とあり、開栓して温度を測ると11度だったので、そのままいただきました。「越乃寒梅」特有のすっきりとしたキレの良さに純米酒の旨味が乗った美味しい日本酒でした。20度、35度とお燗の温度を変えて見ましたが、20度では米の旨味が消えたように感じられ、35度では10度での印象が再び蘇り、若干「米の旨味」が厚くなって、皆も大満足の様子でした。

 菊姫も11度からスタートして、25度、35度とお燗の温度を変えて楽しみました。菊姫の素晴らしいところは、どのような温度であっても正面から受けて動ずることがありません。脇がしまって動じない強さがあります。不滅の大横綱の風格と言えるでしょう。今、これほどの『本当に偉い人』は居るのだろうか・・と言う思いに駆られます。日頃のニュースで目につくのは、大阪の国有地の払い下げや「忖度」云々、岡山の獣医学部新設にまつわる政局の展開等々・・政党の追求やマスコミ報道も含めて、所謂<雑魚>の大騒動ばかりを見せ付けられている思いがします。

 菊姫を呑むといつも『わからん奴は呑むな!』と一喝されたように感じます。一時期日本酒が売れない時代があって、蔵元は女性に受ける味を追求し、消費者に擦り寄る努力を続けてきました。それは企業努力であり否定される事ではないのだけれど、そんな風潮の中にあっても、菊姫は己が『うまい』と信じる酒造りに邁進した。それが『味』に現れて・・<見事>と言うか<天晴れ>と言うか、そんなヘナチョコな言葉なぞは弾き飛ばしてしまう程の圧倒的存在感です。
<第19回『日本酒を味わい尽くす会』>
d0016397_16165609.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-12 16:18
 今年のゴールデンウィーク、お花の植え替え作業中に迂闊にも不用意に土の入った袋を持って、背骨をグキッ...っとやってしまいました。「脊椎菅狭窄症」・・・最初の1週間はベットから出ることも出来ず、一ヶ月半はまともに歩くこともできない有様。リハビリに専念して、二ヶ月後にはほぼ普通に歩けるまでに回復いたしました。

 今回の経験でつくづく思ったのは、<先ずは健康>と言うこと。病気になっては仕事も手につかない・・と言うことでした。35年来のテーマ「日本人音楽家の為のマネジメント・システムの構築」は、やっと今年1月から目に見える形で具体化の作業に掛かったばかりです。5年で形にして10年後には円滑に機能させなくてはなりません。

 今後を考えると、自身の<健康>の確保が大前提.....その為の十分な方策を取っておかなくてはなりません。じっくりと考えて万全の体制を整えておきましょう。食事から運動・体調管理・・・次にインターネットの「音楽プラットホーム」を如何に構築すべきか・・・何ができて、何が出来ないのか、技術的な障害があれば障害を回避する手段はあるのか・・等々、やることは山積しています。

 しかし、何か〝楽しいこと〟があることも大切です。体調が回復したので『日本酒を味わい尽くす会』の開催を企画いたしました。案内のメールを送信したら、翌日には10名(定員)が集まり、開催日が決まりました。7月11日火曜日、第19回の例会を開催いたします。

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-07-07 10:50