クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

第17回 1/f コンサート《アンサンブルの夕べ》

 23日は“あいれふホール”で第17回 1/f コンサート《アンサンブルの夕べ》が開催されました。このコンサートは私が主宰するjmc音楽研究会の研究発表の場として1993年にスタートしたものです。

 日本では音楽大学を卒業した後、音楽家を育成する為の機関は存在しませんでした。未だに無いと言えるでしょう。それ等の必要性を強く感じていた私は、平成元年にジェイエムシー音楽研究所の創立を機会に、jmc音楽研究会の立ち上げと共に定期的なコンサートを開催することに致しました。「ジークレフ・コンサート」と「1/fコンサート」です。

 「ジークレフ・コンサート」は若手の音楽家の研鑽の場として開催いたしました。一方、当時はまだ新聞でやっと取り上げられ始めた<国際奉仕>の概念を社会に広めると言う目的を持って、フォスター・プランと言う国際里親の運動に協賛した活動でもありました。

 その後、<国際貢献><国際奉仕>の概念は世に浸透し、沢山の団体が活発に活動する時代を迎えましたので、平成17年の第29回のコンサートをもって、その役割を終えることにいたしました。

 純粋に音楽家の研鑽の場として開催してきた「1/fコンサート」はその後も継続され、今回で17回を数えることになった次第です。音楽家を育成すると言う当初の願いは着実に成果を収めていると思います。その意味でも・・・そろそろ『第三ステージ』と言う思いがするのです。

 ウィーン留学中に考えたことが、私の身の回りではある程度実現できたと思います。この経験をもっと広げて、日本の音楽家の育成に少しでも役に立つ仕組みに育て上げる・・・これが私の第三ステージの目標となります。それを実現するのが、5年前から秋山和慶さんと準備を重ねてきた『トーサイ・ミュージック・ネットワーク』であり、又それを各拠点地区で支える『クラブ・アンティミテ』の組織であります。

 これまでも長い道のりでしたが、これからの新しいステージに向けて、新しい人生の1ページがスタートする、そんな気持ちです。
<1/fコンサート、ブラームス作曲ピアノ三重奏No.2>
d0016397_894547.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2009-10-25 08:09 | 音楽企画制作