クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

樫本大進のベルリン・フィル

 先ほど、仕事の休憩にNHK-hiをつけると、サイモン・ラトルのベルリン・フィルの演奏・・・コンサート・マスターの髪が黒かったので、若しや?.......っと思って見ていると、新コンサート・マスターに就任したばかりの樫本大進だ。

 曲はチャイコフスキー『くるみ割り人形』第2幕より『雪のワルツ』・・・・チャイコフスキーの『音の空間』が出現していて素晴らしい演奏・・・・・・・それはもう『音のメルヘン』!!

 ヴィオルトーゾ集団のベルリン・フィルは、技術の凄さばかりが前面に出ていて「上手いのは分かるけど....どうも・・・」と、いつも感じていたのだが、今回は近年のベルリン・フィルの演奏としては、初めて『音楽』が先行した演奏だなと感じました。

 チャイコフスキーは幼少の頃、眠る前にお母さんが毎晩「お話」を読んでくれたと聞いています。その素敵なメルヘンの世界に浸り、心躍らせた幼年期のチャイコフスキーの心の中を覗きみるような演奏でした。

 スタンディング・オーベーションの聴衆は皆、その顔に『穏やかな満足の笑み』を浮かべながら拍手を送っていました・・・・きっと同じ想いを抱いているのだと思います。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2010-01-17 02:59 | 芸術随想