人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはjmc2001jp@gmail.com宛


by jmc_music2001jp

Lebens Mai 発足に向けて

 2月21日(日)は5年に渡って準備を進めてきた『Tohsai-music-network』の下部組織《Lebens Mai 福岡》の創立記念例会。(本当に)いよいよ始まります。

 5年間・・・考え・・・戸惑い・・・再検討を重ねてまいりました。「本当に必要なのか?」「本当に出来るのか?」「障害となる事柄をどのように克服できるか?」。自分の頭で考えられるだけのあらゆる事を考えて、更に・・・根本的な障害(問題)の答えを探して、一年の時が経過いたしました。(これ以上はもうヤル以外に無いでしょう)

 起きる可能性がある<問題>や<障害>への対策を充分に練っておく必要があります。なぜならば、<良い事>の実行・実現に向かうエネルギーを、(皆の賛同を得て)プラス方向へと進めることは左程困難なことではありません。しかし注意しなくてはならないのは、それ等の実行・実現を阻む<問題>や<障害>が出た時の対応が準備されていなかった場合です。

 せっかくの<良い事>が実現できなくなるのはこのような場合で、しかも人間同士が『普通』にヤッテいると必ず発生する事態でもあるのです。「悪気は無かった」トカ、「そんな積りは無かった」トカ、「エエッ!それは人(私)の勝手でしょう?!」トカ、「そのくらいイイんじゃあないの?!」・・・・トカです。そんなコンナで信頼関係にヒビが入り、アホらしくなって「やァ〜めタッ!」・・・と成ってしまう。・・・実際にはそんなツマラナイことが原因で、せっかくの『いい事』がオジャンになっているのです。(ですから、この点を甘く見たら、せっかくの努力も徒労に終わりかねません)

 しかし一方、《倶楽部》とは絶対的に《楽しい》ものでなくてはなりません。その楽しさを土台で支えるのが、前述したルールなのでしょう。どの位の礎石を準備して、土台を固め、柱を立てて、どこに筋交いを加えるのか。人々が「嬉しい」「楽しい」「生き甲斐を感じる」「勇気がもらえる」「癒しが得られる」空間を維持できる為の仕組み作りに、知恵をしぼらなくてはなりません。
by jmc_music2001jp | 2010-02-19 17:12 | 芸術随想