人気ブログランキング |

クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

辻井伸行くんのこと

 BS朝日の<ドキュメンタリー宣言>『辻井伸行 密着4000日』が放映された。これは国際エミー賞の最終ノミネート作品。幼少の頃からの辻井くんの成長が記録されている。

 一番印象に残ったのは、お母さんが意識的に<大自然に触れる>機会を作っていたこと。海・空・風・水・花...美しい所、美しいものを『心の目』で見ることのお手伝いに、心配りする様子でした。お庭の草花に触れさせて「分る?たんぽぽ」、答える伸行くん・・・『はい、きれいです』。小学生でコンクール金賞を受賞した時のインタビュー「僕は聞いてくれた人が『ウットリ』するような演奏がしたかったので、それが出来てよかったです」。

 美しいものを大切にする心、美しいものを感じとる心・・・大切に育まれた『心』が、ピアノの演奏に花開く。『心』の一番大切な部分が覚醒しているので、今後の彼は益々成長し、高い境地へと向かってゆくことでしょう。

 ピアニスティックな面では、今後優れた海外の先生に師事することが、大きな助けになると思います。4〜5年ヨーロッパに住んだなら、持ち前の<美しいものを感じる心>が、さらに深く豊で大きなものを見つけ出すことでしょう。「自然」もさることながら、『神』や『祈り』と出会った後の彼に、期待したいと思います。
by jmc_music2001jp | 2010-11-30 14:48 | 芸術随想