クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

間抜けな東京電力

ネットの情報によると、いかにも間抜けな東京電力の実情が図らずも暴露された
以下、その文章
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東電、本社と第一原発結ぶ光回線を誤切断 通信に支障
朝日新聞2011年3月17日(木)13:12

 東京電力が16日夕、福島第一原子力発電所と本社などを結ぶ光回線を誤って切断していたことが分かった。約8時間以上も電話やデータ通信に支障が出る状態になっていた。

 東電によると、16日午後5時20分ごろ、通話やデータ通信に使う回線が切断された。福島県富岡町での送電線の補修工事が原因だった。電話の専用回線が復旧したのは17日午前0時半ごろ、各種のデータ通信やテレビ会議に使う回線は同5時半だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、如何でしょうか?このような緊急事態を引き起こしていながら、約8時間以上も現場と本社の通信に支障が出る状態になっていた・・・8時間もそのままで、それで何とも思わなかったのか?・・・そんな会社なのだ(オロオロくらいは、したのだろうか?)。

 そもそも今回の事故の原因と経過は、根本的に「燃料棒は水で冷却しなくてはならない」ことにつきる。1号機から6号機まで全て共通。5号機と6号機の心配が報道されたのは、事故発生から5日ほど経った後ではなっかったろうか?事故発生当初から全ての燃料棒を水で冷却する必要と、冷却装置に不具合が生じた場合への危機管理が必要であったのは言うまでもない・・・それを何もやってこなかったから、次から次へと問題が発生するがままにまかせ(注意深く見守っていた、とでも言うのだろうか?)、問題が起きてから右往左往するのみ。

 このように、特段の努力をしなくても国に守られて潰れる心配の無い会社には、リーダーは育たない。リーダーの資質のある人間は、早い時期に潰されてしまうのだ。一人の敵も作らなかった<調整型人間>がトップに立つことになってしまう。

 阪神淡路大震災の時の自衛隊のトップがそうであった。マスコミの取材にオタオタ・オロオロするばかりであった。日本では武装集団のトップまでが<調整型人間>なのか!と本当に驚いた記憶がある。(私は知らないが)テレビで東京電力社長の記者会見を見た人が「お百姓さんみたいだったよ」と言っていたが、<調整型人間>だとすれば、そのような印象を受けたとしても・・・分るような気がする。

 とにかく!東京電力が日本人に世界中の国々に及ぼした被害と罪の大きさは計り知れない。のんびり・オットリと過ごして来た結果がコレだ。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2011-03-17 19:04 | jmc支援事業