クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

「クラウドがもたらすクリエイティブライフ」

 <クラウド>に関連したセミナーの案内があったので、午後から参加しました。午前中は歌唱クラスのレッスンがあったので、昼前の基調講演などは聴けずに残念でしたが、午後からのセミナーに参加いたしました。

 現在、コンピューターの世界では「クラウド」と言うのが潮流となり始めていて、以前からこの世界を知る必要を感じていました。それで参加して見たのですが、新しい潮流の一端を感じ取ることができて有意義であったと思います。

 世の中の変化のスピードが早くて、うかうかしていると直ぐに“浦島太郎”になってしまいそうです。そして一度水を空けられると、もうチンプン・カンプン・・・完全に社会の最先端から取り残されてしまう有様です。

 参加して感じたのは、従来の「仕事の処理・進め方」と、これからの<進め方>の違いについて。これまで私が見聞きしてきた有様と、今垣間みれる将来のあり方が全く異なること・・・両方の時代の分岐点に立って、<来し方>と<行く末>の両方を見比べると、不思議な感慨を覚えます。

 今日登壇した若いプレゼンター達は、良く整理された素敵なプレゼンテーションを行っていました。知的でスマートな彼らの作法を見ていると、時代の潮流の最先端が感じられて、まさにコレが“スマート”と言うことかと感じ入りました。素敵な時代が始まろうとしています。

 <クラウド>はjmc音楽研究所が取り組んでいる<電子書籍出版>にも深く関係しており、今後<クラウド>を研究した上で、的確な指針を定めなくてはならないことがよくわかりました。さらに研究をする必要があります。<電子書籍出版>に関するプレゼンテーションも一件ございましたが、現状ではjmc音楽研究所が“一歩先”を行っているようです。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2011-06-16 02:08 | jmc支援事業