クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

jmcプログラム研究会(仮称)への準備

 現在のレーベンス・マイの活動を、「日本人音楽家の為のマネジメント」の確立と、「クラシック音楽愛好家の育成」を目的とした事業へと進展させなくてはなりません。現在、クラシック音楽愛好家の高齢化と言う問題もございます。次に続く世代が育っていない、又は育てる努力を怠って来た・・・とも言える状況下にあります。

 近年、ブラスバンドが隆盛を極めましたが、ブラスバンドはコンクールに明け暮れしているのが現状で、クラシック音楽愛好家の育成にはほとんど無関係と言えるのではないでしょうか?しかも、朝練・昼練・夕練と、コンクールの準備にその青春を燃焼し尽くしたかのように、卒業後は音楽から離れる子供の方が多いくらいです。

 「心の新芽」が育つ小学校から中学校の時期に、『本物の音楽』に『生演奏』で接することが、音楽の本当の美しさ・素晴らしさに気付きを得る為の理想的な環境であることは言をまたないのではないでしょうか。この環境と条件を調えたい・・・と言うのが、今努力していることの目的です。

 更に現在、福岡県下各地区の公共ホールにおいて、5年間に渡って演奏会を実施することへの準備が進みつつあります。それ等の舞台にレーベンス・マイのオーディションを通過した音楽家に演奏機会を与えるべく、計画を推進中です。

 現在、これらの<演奏会プログラム>を研究開発する会の立ち上げのために「趣意書」を作成し、音楽家に呼びかけを行うことにしています。二日内には、呼びかけをスタートさせることができるでしょう。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2011-07-23 22:59 | jmc支援事業