クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

『心』に響く

 《jmc欧州音楽の旅2012》は、毎日のそれぞれのステージが味わい深い体験であり、全ての面で満足ゆくものだったと思っていますが、「何が一番心に残ったか?」と聞かれれば、皆が<ヨーデル>と答えるのではないでしょうか。

 これまでの旅でも、その国の大地に根ざして生まれ出た文化芸能に触れる機会を意識的に作ってまいりました。ウィーンのホイリゲの音楽やザルツブルグの民族舞踊、ロシアの民族舞踊と音楽、スペインのフラメンコ、トルコの軍楽隊やベリー・ダンス、ハンガリーのジプシーの音楽等々に触れてまいりましたが、<血>を感じさせ<土の薫り>のする本物ばかりではなく、観光客向けにショー化された<偽物>にも幾つか出会いました(偽物に付き合うのは《人生の無駄》でしかありません)。

 今回、旅行社に申し入れたのは、<偽物ならいらない>と言う事でした。旅行社が大変努力をしてくれて、スイスの観光局に掛け合ってくれ、「通常ならば絶対にあり得ない」企画となって実現したのが、今回の<ヨーデル>です。

 インターラーケンには観光客向けに<ヨーデル>が聞けるレストランが幾つかあったそうですが、今回はトゥーン湖畔からケーブルカーで10分程上がった、風光明媚な山の上のレストラン「ハーダークルム」を貸し切っての<ヨーデル>として実現いたしました。ケーブルカーまでも特別にチャーターして、このレストランとしても始まって以来の特別企画となりました。

 レストランやケーブルカーを、我々の為だけに特別営業してくれたことだけでも、トンデモナイ事のように感じますが、そんな事よりも<遥かに偉大>であったのが、アルプスの大自然に包まれた<ヨーデル>そのものだったのです。

 眼前にアルプスの山々が連なり、眼下には右と左に二つの湖が広がる大自然・・・本当に『大自然に包まれる』とは、この事を言うのか・・・と思わせる景観でした。そこに<ヨーデル>が響き渡ります・・・その響きは、眼前に広がる景観と完全に共鳴しあって、『一つ』に感じられました。『心』が満たされ、不覚にも涙が溢れそうになりました。

 人間の感性に最も大きく影響を与えるのは『気候風土』です。人は生まれ育ち生活するその土地の気候風土と向き合いながら、自らの「感性」を築き上げてゆきます。そして、その「感性」を「自分」だと自覚するのです。

 この大自然に包まれながら生活すれば、その感性は<ヨーデル>となって形成される以外には無いのでしょう。この大自然が「我が故郷」であれば、「我が想い」が<ヨーデル>と言う形を通して自覚されるのは、極々自然な成り行きと言えるでしょう。あの大自然に包まれて、あの<ヨーデル>の響きに包まれると、『心』が育まれ「自覚」へと形成されてゆく奥深い経緯が、底の底から感じられて感動いたしました。
<斜面から中空に張り出したステージの上で、背後にはアイガー・メンヒ・ユングフラウ>
d0016397_17474436.jpg

by jmc_music2001jp | 2012-06-29 17:47 | 音楽企画制作