クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

ちょっと嬉しい話、モウ2つ

 jmc音楽研究所が電子書籍の開発に取りかかって6年、クロスメディア(文章+静止画+動画)の電子書籍の技術開発が完了して3年。2年前に世界的な電子書籍ブームが起こり、日本ではやっと今年から本格的な動きが始まっています。それでもグーグル・ジャパン前社長(村上憲郎氏)の言うように、<紙の本の電子読み>にしか過ぎないのが現状です。

 そんなjmc音楽研究所をインターネットで見つけ、注目してくれていた出版社があります。先日その出版社から取材の申し出があり、検討の結果取材を受けることにいたしました。出版社の言う様に『潮時』だとも思ったからです。取材はこれからですが、11月末くらいに書籍が出来上がるようです。

 もう一つの「嬉しいコト」は、お酒の話。私の出身高校の同期生で主催するイベントがあって、皆が集まる予定が9月22日(土)に決まっています。そこに横浜から同級生M君がやってきます。彼とは中学校3年間を同じクラスで学び、同じ高校に進学いたしました。高校で同じクラスになることもなく、卒業後一度も会うチャンスがなかったので、今回会えることを非常に楽しみにしています。

 22日は高校の同級生で会場が埋め尽くされるような状態ですから「積もる話を・・・」と言った雰囲気は望めそうもありません。そこで、翌23日にホテルの地ビール・レストランで「旧交を暖める有志の会」を別途呼びかけよう・・・ということになりました。

 「嬉しい話」とは、この《地ビール》。ホテルで毎日仕込まれていて、出来立てのビールを飲むことができます。それが非常に非常に美味で、日本ではココのビール以外は飲む気がしない・・・と思う程の『美味』。他の人には、私ほど<入れ込んだ>様子がないことが、不思議でなリまセン・・・ト、これ程<入れ込んで>いる地ビールです。

 高価なオーディオ装置でレーコードやCDを聴かされても、生の名演奏から受ける『感動』を体験している私にとっては、どうしても「?」が拭えないように思えます。ココの地ビールには、ソレに似た『生の感動』があります。そんな大好きなビールを飲むチャンスが生まれたのですから・・・「チョット嬉しい話」とは、かなり冷静を装った表現ではあります。
by jmc_music2001jp | 2012-08-31 02:34 | イベント情報