クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

サロンのお酒

 平成2年9月に始まった“jmc音楽サロン”は、これまで102回の例会を重ねてまいりました。1月は恒例の日本酒での例会。毎年9月くらいから、良いお酒が見つかる度に入手して、我が家の酒蔵に保存、それを新年の例会で一気に飲み干します。来年の例会は1月19日、何と初めて私の誕生日と重なりました!

 そうなればお酒を探すにも、何時もに増して“気”が入るようなキがします。昨日も新潟の銘酒“鶴齡”の無濾過生原酒を2種類手に入れました。その内1本を新年のサロンで楽しもうと思っています。これに定番の“菊姫”を加え、更に年末までに何本か手に入れるようにアンテナを張っておくことにいたします。

 ところで今年の11月23日(祝)には第103回jmc音楽サロンが予定されています。この回はピアノとチェロによる“音の星座Vol.4”<ベートベン・シリーズⅢ>、演奏会に引き続いて「ワインとオードブル」でサロンの開催を予定しています。

 本日、良いニュースが入ったので、早速ワインの入手にかかりました。11月21日がボジョレー・ヌーボーの解禁日ですから、「上質のヌーボーで開宴」・・・と言う事で、樹齢60〜100年の古樹のガメイ種で仕込まれた特別なヌーボー、3本ワン・セットを2セット注文いたしました。すると何と、私の注文が最後のワンセットだったらしく、ワンセット3本だけが手に入りました。今日発売されたばかりなのに、<クワバラくわばら>です。

 他にも白のグランクリュ、極上フランス白を3本入手、シャブリとボルドーとアルザス地方のものです。これrは非常に楽しみなワイン!更に史上最高レベルの「大当たり」2010年のボルドーの赤、<ラ・シャペル・ド・カロン>3本。濃厚な仕上がりのフル・ボディ・・・いずれのワインも、詳しい内容をシェフに知らせて、最適なオードブルを考えていただこうと思っています。
[PR]
by jmc_music2001jp | 2013-09-29 01:37 | 音楽企画制作