クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

山口演奏旅行、終わる

 文化庁“子どもの文化芸術体験事業”in山口は5月15,16日と21,22日の2週間に渡って実施されました。山口で一番印象に残ったのは、子ども達の“躾”が非常に良いこと、演奏中にきちんとした態度で、集中力を切らすことなく聴いてくれた事でした。

 教師や父兄にしっかりとした信念が無いと、なかなかコウは行かないと思います。萩市で感じたことは、何と言っても吉田松陰の存在です。彼の教えが街中に染み渡っているような感じを受けました。

 萩の街に入って行くと、福岡や他の都市ではケバケバしく目立った色をしている看板や建物の色が、押さえられた落ち着いた色合いをしているのです。ユニクロもマクドナルドやガスト、薬チェーンのお店等々・・・普段ケバい色合いの店が、全てしっくり落ち着いた色合いになっています。最初は条例で決まっているのかと思いましたが、どうやらソウでもなさそうです。萩市民はケバい色した店などは、嫌って寄り付かない・・・どうやらその辺りが理由のようです。

 明倫館小学校を訪れました。今年の3月まで実際に本館を使用していたということです。この学校の佇まいの落ち着きが萩の住民の精神性を現しているように思います。小学校の校長先生が明倫館小学校の卒業生とおっしゃってましたが、毎朝の慣例として吉田松陰の言葉を暗唱(素読)していたそうです。その時には十分に理解できなくても、大きくなって次第次第にその意味を理解し、精神に染み渡ってゆくのでしょう。

 一人の優れた人間が現れれば、時代を超えてその精神が受け継がれてゆく・・・そんな実例に初めて触れた気がします。日本人クラシック音楽家の為のマネジメントを確立する必要がある・・・との思いから起こした行動は、すでに33年の歳月を経ています。斎藤秀雄の遺志を継承する事業を起こしましょう・・・と秋山和慶さんと話し合ってから、早8年が過ぎています。演奏家は如何にあるべきか・・・斎藤先生が一生を懸けて全力で取り組んだものを、如何にして継承し実現できるのか・・・今はまだ、立ちはだかる様々な壁を目前にして、呆然とするばかりです。単に仕事を見つけて、配分するだけのことなら、気楽な話ですが・・・。
<山口中学校と越ケ浜小学校での演奏会>
d0016397_1274066.jpg


d0016397_1281437.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2014-05-24 01:28 | jmc支援事業