クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

金子みすず〝魂がみた世界〟

 このところ<金子みすず>の詩を収集しているのだけれど、やってみてトンデモナイことになっている。<金子みすず>の詩はほんの一部しか知らなかったけれど、調べてみると、何と500以上も詠んでいるらしい。

 詩をカードにして、KJ法を使って<同じ背景>を持つもの同志をグループ化して見ようと思っています。その先に<金子みすず>の<心の地図>が見えてくるのではないか?・・・詩同志が一つの星座を形作り、星座同志が<金子みすず>の<心の宇宙>を形成するのではないか・・・と期待しているのです・・・が、一つ一つ現れる詩の世界がトンデモナイことになっていて、無論まだまとまった事は何一つ言えないのだけれど、<金子みすず>の『魂』がとらえた宇宙が余りにも美しいのに、心が締め付けられる程の思いがします。

 永年想い続けているコトだけれど・・・今一番大切な事は『魂の復権』ではないだろうか?かつての巨匠のように『音楽を魂で捉える』こと・・・現代の演奏の多くが<パフォーマンス>に終始しているように思われる。<宗教音楽>にさえ『祈り』が聴こえてこない......。

 このような時代に<金子みすず>が『魂で見据えた世界』に光をあてるコトは、大いに意味あるコトだと思う。人々が<自らの内にある魂>の存在への気づきを得れば、漂流する社会への羅針盤となるのではないだろうか?
[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-09-17 00:17