クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

VierWeg楽典『上級1』第9,10章(ハ音記号・移調)

VierWeg楽典『上級1』第9章【ハ音記号・ハ音譜表】

 テノール記号(譜表)、アルト記号(譜表)、メゾ・ソプラノ記号(譜表)、ソプラノ記号(譜表)と音部記号の変更に関するルールを学び、演習課題に取り組みます。

VierWeg楽典『上級1』第10章【移調・移高と移旋】

 <移高>は臨時記号を用いて、<移調>は調号を用いて楽曲全体を別の高さに移して転譜する。
 <移旋>は他の種類の音階に置き換える(例:長調⇄短調)

 <移高><移調><移旋>について課題を通して具体的手順について習熟します。
<VierWeg楽典『上級1』第10章【移調・移高と移旋】>
d0016397_20153778.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-12-25 20:16