クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

VierWeg楽典『上級1』第14章abc(調性判定に向き合う)

VierWeg楽典『上級1』第14章abc【調性判定】

音楽大学の入試問題でも<調性判定>は難問の部類に入るだろう。一部分しか見えていない音楽(楽譜)の調性を確定するにはより深い知識の裏打ちが必要となる。第14章ではabcに渡って<音列による調性判定><和声による調性判定><二声による調性判定><旋律による調性判定>の課題に取り組んだ。

これらの<調性判定>の課題には異なる4つの手がかり(入り口)しか与えられていないと言うことだ。しかし考えてみよう!第1章(倍音)第2章(五度圏と音階)第3章(音階と調号)第4章(平行調・様々な音階)第5章(24の調)第7章(常用カデンツと終止)第8章(近親調)と「音」が「音階」を産み、和声が芽生え、音楽となって人の心を表すプロセスを辿ってきた。そこには「法則性」や「スタイルの特徴」があった。そこに合致するものを見つけ出す作業が<調性判定>のプロセスだと言えるだろう。「法則性」や「スタイルの特徴」について検証してみよう。

【1】<音列による調性判定> *下記の1)2)を手がかりに取り組む。
  1)<調号>♯や♭が1個づつ増えてゆく「調子」と「調号」の法則性
  2)音階の彩り<自然的長音階(短音階)><和声的長音階(短音階)><旋律的長音階(短音階)>における音程の特徴
【2】<和声による調性判定> *下記の3)を手がかりに取り組む。
  3)(長・短)音階の<1度の和音>〜<7度の和音>の三和音の種別における特徴
    <長調>長3和音(Ⅰ,Ⅳ,Ⅴ) 短3和音(Ⅱ,Ⅲ,Ⅵ) 減3和音(Ⅶ) 増3和音(**)
    <短調>長3和音(Ⅴ,Ⅵ) 短3和音(Ⅰ,Ⅵ) 減3和音(Ⅱ,Ⅶ) 増3和音(Ⅲ)
【3】<二声による調性判定> *下記の1)2)を手がかりに取り組む。特に和声的短音階や旋律的短音階の音程の特徴。
  1)<調号>♯や♭が1個づつ増えてゆく「調子」と「調号」の法則性
  2)音階の彩り<自然的長音階(短音階)><和声的長音階(短音階)><旋律的長音階(短音階)>における音程の特徴
【4】<旋律による調性判定> *下記の1)4)5)を手がかりに取り組む。
  1)<調号>♯や♭が1個づつ増えてゆく「調子」と「調号」の法則性
  4)音楽(メロディー)の根底には<カデンツ>と<終止>の法則が貫かれている。メロディーからその法則を読み取る
  5)<カデンツ>と<終止>における和声進行(和音構成音)を明らかにし、同時に<和声外音>の分析を施す
<VierWeg楽典『上級1』第14章c【調性判定-4】>
d0016397_01511245.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2017-12-27 01:51