クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

ガウディの遺言(NHK-BS)

 見逃していた番組の再放送に出会った。NHK-BS「ガウディの遺言」外尾悦郎さんの案内で薬師丸ひろ子がガウディの足跡を訪ねる番組だ。2015年サクラダファミリアで初めてのコンサート、その一部が収録されていた。大野和士さん指揮によるフォーレのレクイエム。天井から降り注ぎ聖堂内に満ち溢れる音楽・響き!・・・グウの音も出ない程の充足した響き!100%、そう!100%、過不足なく完全に充足した響きだ・・・(通常の教会では響きすぎて〝こだま〟が帰ってくる)。

 「教会の中で音楽する」のではなく「音楽の中でミサをする」・・・「サクラダファミリアは楽器そのものだ」外尾さんの言葉だ。その意味するところが、この「響き」を聞くと本当によくわかる。<音楽>は<共鳴>、<共鳴>を媒介するものは『響き』。サクラダファミリアにおいて、人は<天と地と宇宙との一体感>を『響き』を媒介として自覚させられる。

 サクラダファミリアに足を踏み入れると、何本もの細い柱が天空に向けて立ち上がっている。人間は地上を這い回る昆虫と同じ視点に立たされる。地を這う昆虫が仰ぎみると、沢山の草の茎が天に向かって伸び、その先に青空があり、陽の光が注ぎ込み、満天の星空が広がり、宇宙につながる。その宇宙から『響き』が降り注ぎ、鳥も虫も我々人間も全てを包み込み一体となって<共鳴>する。サクラダファミリアはそのための仕組みであり、『楽器』そのものなのだ。




第2回プラチナブロガーコンテスト


音楽ブログランキング
[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-01-12 00:59