クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

jmc欧州芸術と美食の旅2018

 〝jmc欧州芸術と美食の旅2018〟イタリア・バスク地方9日間の最終プランが届きました。6月5日(火)出発、13日(水)帰国の9日間です。東京(成田)から4名、愛媛・大阪(関空)から2名、福岡から15名、総勢21名の旅となります。

 今回の旅行、当初はバルセローナ・バスク地方を予定しておりました。バルセローナの独立問題であのような状況になって、とても観光気分にはなれないし、初参加でイタリアを強く希望する方もいてローマ→フィレンツエ→バスク地方(ビルバオ、ゲルニカ、サンセバスチャン、サン・ジャン・ド・リュズ、アイノア村)を巡る旅といたしました。

 今回イタリアを訪ねるとき、テーマをどのように絞るのかについて考えました。一つは『どうしても、もう一度訪れたい街』であること。さらに「イタリアとは?」と自問したとき、『天才の国』という答えが響いてまいりました。結果《バチカン》《ローマ》《フィレンツエ》そして《ミケランジェロ》のテーマにたどり着いたのです。

 バスク地方はかねてより「いつの日にかは...」と想い続けていた場所です。今回、特に強い思い入れの場となったのは、昨年の暮れにまだ若くして亡くなられたT氏(ご夫婦で数回、我々の旅にご一緒させて頂きました)がバスク地方を強く推薦なさっていて、亡くなられる半年前にわざわざ資料を抱えてjmcまで来てくださった。その後も図書館資料のPDFを沢山送っていただきました。そんな彼の仔細な情報や的確な助言をいただいて、中身の濃いバスク・プランを立てることができたと思います。本当に充実した旅になるでしょう。

 そんな〝jmc欧州芸術と美食の旅2018〟次回のブログから、旅程に沿った旅の内容を、読者の皆様にご紹介したいと思います。
音楽ブログランキング
[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-04-21 01:46