クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

文化庁「文化芸術による子供の育成事業」大牟田市立平原小学校

 今日は平成30年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業」で大牟田市立平原小学校を訪問いたしました。朝6時起床!(私としては非常に早い1)。7時15分に出発、九州自動車道<太宰府インター>より熊本県<南関インター>に向かいます。

 <南関インター>を降りて、予定のファミリー・マートに到着したのが7時15分(途中、快適にすっ飛ばしました..)。そこで朝食を摂って時間調整。9時に予定通り平原小学校に到着いたしました。一息ついて、準備のために会場の体育館に向かいました。会場のセッティングを確認して、撮影用のビデオを設置、そうこうしている内に9時30分、子供たちがやってきました。

 全校145名の小さな学校です。文化庁の予算はこのような小さな学校の生徒の学習チャンスのために使われるのでしょう。いいことだと思います。今年は6月と11月の2回に分けて<発声法・歌唱法>の指導を行います。今回は特に<発声法>について集中的に指導することを予定しています。

 子供達の現状を知るために「校歌」を聞かせてもらいました。低い音域では、積極的に大きな地声で歌います。高音域になると急に声が細くなり、歌っている子供の数が減ってしまいます。ある意味「予想通り」でしたが、本日の講義の目標がより一層明確となりました。
 指導は11時30分までの2時間。途中に15分の休憩を挟みます。共鳴(響き)について、音程について指導を進め、特に子供達が苦手とする<高音部>(c〜f)について、仕組みを説明し実際に声を出して学びました。支障なく順調に進行して、いよいよ彼らがこれまで出したこともない<高音部>(fis→)に挑戦、指導したままに声を出すと、何の苦もなくg,の音が出せます。さすがにa,bになると「不安感」を覚える子供が出て、無駄な力の入った音になりましたが、何の苦もなく「高い音」が出せることを身を以て自覚したことでしょう。

 1・2年の低学年が、2時間集中力を保てるのかが一番の心配でしたが、最後まで集中して参加してくれてホッとしました。
<大牟田市立平原小学校体育館で>
d0016397_01010748.jpg
音楽ブログランキング


[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-06-22 01:01