クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

グッゲンハイム美術館<jmc欧州芸術と美食の旅`18>-6

 5日目、午前中にバチカン市国観光を済ませると、空港へ移動。14時45分発の飛行機でスペイン・ビルバオに向かいました。所要時間2時間25分でビルバオ空港に到着。グッゲンハイム美術館へと専用バスで移動します。

 ニューヨークのMOMAと姉妹館となるこの美術館は、現代美術のための美術館です。ビルバオはかつて鉄鋼や造船で非常に栄えた都市。時代の流れに産業が廃れてしまった街でしたが、グッゲンハイム美術館で息を吹き返したと言う事です。感心したのは、現代美術の美術館でありながら<黒字経営>らしい。やり方一つで、町興しにもなった上に、自らは<黒字経営>!素敵ではありませんか!「土木工事」と「談合」を繰り返すしか能のない何処かの行政も考え直す必要があるのではないでしょうか?<世界的>なものを一つ作るだけでその都市を復興させて、しかも<黒字経営>で財政的負担をかけることも無い・・・もう日本もこのような段階にレベルアップしても良い時期だと思います。美術館では「シャガール特別展」が開催されていて、代表作も2点ほどあり、思わぬプレゼントをいただきました。

 ホテルにチェックインした後は、バスで旧市街に移動、バル巡りを楽しみました。広い中庭を囲んだ周りの建物は、すべてバル。美味しそうなピンチョスを選んでは、ワインやビールを楽しみました。バルの数の多さや、繰り出した沢山の市民に紛れてのバル巡りは、人生初めての大変興味深い体験でした。遅い時間まで子供達も中庭で遊んでいます・・スペインですねぇ!
<グッゲンハイム美術館前で>
d0016397_21024017.jpg
音楽ブログランキング


[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-07-07 21:02