クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

バスク〝美食の街〟<jmc欧州芸術と美食の旅2018>-9

 スペインとフランスに跨るバスク地方は、今や世界一の美食の街と称されています。何しろミシュランの星付きレストランが面積当たりの数で世界一らしい。サンセバスチャンやサン・ジャン・ド・リュズのバル文化とも呼べる飲食店の数は他に類を見ないものだし、そこで供されるピンチョスの味と種類と量には圧倒される。

 サンセバスチャンのバル巡りの翌日、市内観光に出かけた。コンチャ湾の岬の反対側が旧市街で、湾のそばからバルが沢山あって、昨晩はそこを巡り歩いた次第。旧市街の外れ、湾に接して<美食クラブ>を発見、中を見学させてもらった。立派な厨房が備えられ、茶色のテーブルに長椅子、アップライトピアノに合わせて歌い、ワイワイと仲間同士の親睦を深めるのだそうだ。こんな街だからバルのピンチョスにマズイものは出せない、マズかったらスグに潰れるらしい。

 フランス・バスクではサン・ジャン・ド・リュズで昼食・市内観光・買い物を楽しんだ後に、内陸部のアイノア村(山バスク)に移動し、ミシュラン1つ星を獲得(2018年)したオーベルジュに向かいました。夕刻5時30分から第115回jmc音楽サロンを開催、シャンパンで乾杯をした後、メンバー全員で今回の旅への印象や感想を語り合いました。それぞれにとって忘れがたい旅となったようで、お話を聞いていて嬉しく感じました。

 6時30分から夕食です。今まで味わったことの無い〝目眩く美食の世界〟を堪能いたしました。フランス料理・中華料理・日本料理・イタリア料理・・・世界の国には様々な料理がありますが、<バスク料理>と言うものが存在する・・この発見が今回の旅で最も強く印象に残る体験でした。

 シャルルドゴールの乗り換えで、一人が関空行きの便を使用。全員で記念写真を撮って、我々は成田行きに搭乗しました。成田到着後は4名の関東組に別れを告げて、一路福岡空港へ。12時10分、福岡空港に到着、無事に帰国することができました。
<食後のデザート、どれもこれも強く印象に残るもの。シャルルドゴールの乗り換えで全員の記念写真>
d0016397_15530842.jpg
d0016397_15533571.jpg

音楽ブログランキング


[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-07-18 15:58