クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

これからの取り組み

 音楽の専門家への入門としても、学校での音楽の授業や吹奏楽・合唱の為にも役に立つ、広範な音楽基礎教育プログラムを考案してみたい....と考えています。

 「歌う」行為は全ての音楽行為(演奏)の根本に深く結びつく重要なポイントですが、幼稚園・小学校でも「如何に身体を使うか」について教えられず、「歌」その物にさえ苦労させられているのが現状。この点だけでも非常に多くの人の役に立てるでしょう。

 又、演奏は勿論のこと「全ての人間の行為」にとって(無駄な)<力を抜く>ことが大きなポイントですが、非常に多くの人が教えられないままに「要らぬ苦労」を抱えています。

 これらをアンサンブルのグループ・レッスンの中に取り込んで、教育プログラムとして活用する。

 ピアノ・歌唱・リコーダー・ピアニカ・管楽器・弦楽器・打楽器・指揮法に繋がる音楽基礎教育プログラムとして編成してみたい。これは現在まで学び・実践してきた音楽の知識の集大成につながるものだと考えています。
音楽ブログランキング


[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-07-19 22:33