人気ブログランキング |

クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<ブカレストのチェリビダッケ>

 YouTubeでEnescuのRapsodia Romana No.1を聴いた。1978年の白黒映像。チェリビダッケの面目躍如と言った名演奏。音楽が生き物のように躍動している。チェリビダッケの表情の豊かさや「シリ振りダンス」も懐かしい、今にもソコに彼が生きているようにさえ感じられた。

 その後、ヤンソンスの1994年のWaldbuneの演奏(ベルリン・フィル)で同曲を聴いてみた・・・一体この<違い>は何だろう???・・・考え込んでしまった。

 ベルリンフィルのメンバーは「自分は演奏家」と自覚していて、今は「本番」・・だから「演奏する」。「俺はプロ」・・だからその演奏家としての務めを果たす。ヤンソンスは「この曲は楽しそうな曲」と思っているラシイ....。

 チェリビダッケとは一体ドコが違うのだろう?祭りの広場の周辺の空気、囀る鳥の声、音楽が始まり、男女が登場し踊りが始まる...精一杯の輪舞・ステップ・次々と繰り出す踊り手・・音楽のエネルギーと踊り手の運動のエネルギーが一体化する。踊ることの原点、生命その物のダンス・輪舞...。

 つまりは指揮者の<心の焦点>がどこに結ばれているかの違いなのではないだろうか・・・顕微鏡でつまみを回して観ていると<焦点距離>の変化に連れて様々異なる物が見えてくる。つまりは<同じ楽譜>を観ていても、<心の焦点>をどこに結ぶかで異なる音楽が見えてくるのだ。

by jmc_music2001jp | 2019-05-20 14:27