人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはjmc2001jp@gmail.com宛


by jmc_music2001jp

<教室>と<生徒>

 ピアノ教室はピアノ実技を教え、ヴァイオリン教室はヴァイオリン実技を、歌唱教室は発声と歌唱を....もちろん聴音教室を併設してはいるけれど、全員が聴音を希望する訳では無い...。こうして生徒の希望する科目について長年指導を続けてきましたが、問題に感じる事もあります。

 実技だけを学んできた生徒は、聴音やソルフェージュの能力は非常におぼつかないママで、「楽典」についても系統だった知識を持ち合わせていません。対策として<夏のミニ・コンサート>(8月4日)の翌日に、実技教室の生徒対象の<楽典集中講義>を計画いたしました。

 長年ピアノ実技で学んでいた生徒が、高校に進学して音楽系の大学を目指す事になり、ピアノの実技は優秀(小中学校でコーラスの伴奏者には常に選ばれているような生徒)です。音楽系の大学進学となると楽典・聴音・ソルフェージュの勉強も必要です。4月にレッスンをスタートして‘びっくり!’何と!<音痴>でした。合唱大会で常にピアノを弾いていて「歌ったことが無い」!・・こんな事アルぅ?!と驚きました。

 楽典の時間を割いて<発声法>の基本から教える・・方法さえ教えれば、直ぐに歌えるようにはなったけれど、若し教えることがなかったら....音痴のママだったのだろうか!幼稚園でも小中学校でも「歌」は歌うけれど<発声法・歌唱法>については教えてはくれません。

by jmc_music2001jp | 2019-07-31 21:17