人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはjmc2001jp@gmail.com宛


by jmc_music2001jp

2019年の投稿への<思い>

下記の投稿への認識を踏まえて16年前から通り組んできたプランを実行に移したのが、4月3日に発足したTohsai Music Network(東西音楽ネットワーク)(Tom-net)です。

 16年前(2005年)、来るべき時代を予見して音楽電子書籍の開発に取り組みました。2005年6月までは福岡東ロータリ・クラブの会長を務めていて、次期会長を指名して後の1年間は<直前会長>の務めを果たさなくてはなりません。2006年7月にロータリークラブを退会して、以後丸一年間<徹夜>の連続で開発に取り組みました。

 2007年9月に電子書籍『楽典<入門>』を完成させました。アップルがi Padを発表して世界的な電子書籍ブームを巻き起こしたのが2010年ですから、我々jmcは3年先行して開発に成功したわけです。

 以後、<動画>を組み込んだ電子書籍の開発を終えて、一度<お蔵入り>させて、次の段階のインターネット環境の技術研究に進んだわけです。<クラウド>の研究も4年間に渡って行ったのですが、システムエンジニアのスキルを獲得しておかなくては取り組みが不可能であることを見極めて、既存のインターネット技術のレベルでの対応に切り替えました。

 16年間、指揮者の秋山和慶氏と話し合いを続け、研究・修正を重ねてきた計画です。21世紀の日本のお役に立てるようなシステムに組み上げることが、恩師『斎藤秀雄』(愛称:トーサイ)の遺志に叶うものであり、『恩返し』に繋がるものだと考えています。

<大畑 惠三>
2019年5月14日
<所長の独り言-「令和」3>
 近年の日本を振り返ってみると、高度成長期の<お稽古事>といえばピアノ・ヴァイオリンでした。更に高度成長期以後には全国に数多くの音楽大学・短期大学が創立されました。

 しかし今日、<お稽古事>は多様化しその選択肢は増えている。その上<少子化>の問題は益々深刻の度を増し、クラシック音楽を学ぶ子供数の「分母」そのものが小さくなっています。一方で音楽大学への入学希望者は減少し、学校経営の経済的基盤が脆弱化しています。今後、校舎の維持費・人件費を賄うだけの学生の確保は困難になるのではないかと思われます。

 21世紀の世界は<インターネット>により大きく変貌を遂げようとしています。微小なランニングコストで社会の事象と事象を容易につなげ、従来では考えられない程の大きな変化を引き起こしています。この<インターネット><SNS>を十二分に活用することで、21世紀の<日本音楽界>に<新たな潮流>を生み出さなくてはなりません。jmc音楽研究所が今正に取り組もうとしているのがこれらの事業です。

by jmc_music2001jp | 2021-05-14 11:13