クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

キーシンのピアノ

 BSでキーシンの演奏を聴きました。スイスの音楽祭で収録されたものです。ブラームスやショパンなどのプログラム。

 <素晴らしい>と言う言葉を忘れてしまうほどに『自然』な音楽。どこにも何の無理も誇張も頑張りもアピールもありません・・・音楽という言葉すら忘れてしまいそうです。

 ピアノという楽器と、音楽と、自分という存在と、思いとの全てが重なる僅かな一点を捉えて、その一点からほんの一分さえもぶれることのない演奏スタイル。このようなピアニストは世界中探しても、キーシンただ一人しか居ないでしょう。

 仰ぎ見るべき大天才、と言うべきでしょう。嬉しい事ですね、こう言う人が存在しているということは...
[PR]
by jmc_music2001jp | 2009-01-13 01:43 | 芸術随想