クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

散歩の道すがら【2】 『藍染川』

 五月の爽やかな陽気が続いています。今日は太宰府周辺を散策することにいたしました。太宰府天満宮の近くに光明寺という禅寺があり、その脇に藍染川という小川が流れています。今は整備された小さな流れでしかありませんが、その昔は背後の宝満山系からの湧き水が、豊かな流れをつくっていたと聞いています。

 この藍染川には私自身も少々かかわりがあって、特別な想いをもってしばしば訪ねています。史実にもとづいた民話「藍染川」を台本に、音楽作品の創作に関わったことがあるからです。筑前琵琶のソロを伴った室内アンサンブルと、ソプラノ・バリトン独唱そして女声三部合唱による『藍染川』。作詞は一丸章(H氏賞受賞の詩人)、作曲に香月修(桐朋学園作曲科教授)。

 物語は太宰府の神官<頼澄>が京都に居た頃に“ねんごろ”となった京女<梅壷>が、幼子の手を引いてはるばる太宰府まで<頼澄>を訪ねてくるところから始まります。

 太宰府の<頼澄>の本妻は、「会わせてなるものか!」と<梅壷>を追い返します。悲嘆にくれた<梅壷>は、その身を藍染川に投げてしまいます。人だかりを不審に思った<頼澄>がのぞいてみると、それは何と!変わり果てた<梅壷>ではありませんか!本心から悔いた<頼澄>が一心に天神様に祈ると、<梅壷>はその息を吹き返しました。

 その蘇生の場所には石柱に囲まれて「石碑」が建てられています。その写真をアップしておきましょう。藍染川は石碑の右上からぐるっと石碑を廻って左側へと流れています。時々この場所を訪れ、その時代・その時を偲んでいます。
<梅壷蘇生の碑>
d0016397_2315842.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2009-05-08 23:02 | 芸術随想