クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

Concert《音の星座》Vol.Ⅸ

Concert《音の星座》Vol.Ⅸ

2018年12月9日(日)
PM4:00開場 PM4:30開演
ジェイエムシー音楽研究所2F小ホール

ハイドン ピアノ・トリオ ト長調 HobⅩⅤ
チャイコフスキー ピアノ・トリオ イ短調 Op.50
  “偉大な芸術家の思い出”

ピアノ 大畑康子 ヴァイオリン 貞国みどり
チェロ 宮田浩久

入場料 大人3,000円 中学生以下2,000円
主催 ジェイエムシー音楽研究所

<お申し込み> jmc_music2001jp@ybb.ne.jp
Fax.092-581-0136 Tel.092-575-3267
<銀行振込>ゆうちょ銀行 記号/17420 番号/62137001
d0016397_01015577.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-19 01:02

サロンのお酒

 12月9日《音の星座》Vol.Ⅸのコンサートに続いて、第115回jmc音楽サロンを開催いたします。

 プログラムにチャイコフスキーのトリオ「偉大な芸術家の思い出」を演奏するので、ワインにグルジアのワイン(赤・白)を取り寄せました・・そうなると......どうしてもアルメニアのブランデー『アララット』を飲みたくて仕方なくなりました。そのブランデーが、今日届きました。

 アルメニアのブランデーは、聖書で<ノアの箱船>が流れついたとされる<アララット山>の麓(黒海がわ)で作られる超弩級のブランデー。(「最後の晩餐」で何を食べたいか?という話がありますが、私なら<食事>より<アララット>が飲みたい!・・・と言うでしょうネ)

 このブランデー、英国のチャーチルが「ヤルタ会談」のとき飲んで、それ以降イギリスに取り寄せ、一生の愛飲酒にしたと言う逸話が残っています。
d0016397_01124275.jpg


[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-16 01:12

グルジア・ワイン

 12月9日に予定しているConcert《音の星座》Vol.Ⅸでチャイコフスキーのピアノ・トリオ『偉大な芸術家の思い出』を演奏します。その折のjmc音楽サロン(第115回)で味わいたいと思って注文していたグルジア(ジョージア)ワインが届きました。

 グルジアはワイン醸造発祥(8000年前)の地。日本ではあまり知られてはいないのですが、実は別格の素晴らしいワインを作っているのです。左は陶器ボトルに入った<クヴェリ>(白ワイン)、右が代表的な赤の<サべラヴィ>。グルジアのワインはユネスコ無形文化遺産(ワイン製法)登録されています。

 ・・・楽しみです。今回はこれにアルメニア・ブランデー『アララット』を併せて呑みたいな....なんて想っています。
d0016397_22380751.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-10 22:38
 ウィーン留学以来37年、如何にすれば『音楽』が日本に根をおろすことができるのか?考え・試行錯誤を重ねてまいりました。二年前に一つの結論を得て、其れ等の具現化に向けた一歩を踏み出しました。少々気の遠くなるような計画ではありますが、手順に従って目の前の一歩々々を積み重ねてまいります。

 音楽が家族の絆を強くする役割を担えるような企画、それが<VierWeg家庭音楽会>のシリーズです。お父さんが指一本で参加できて、家族全員が一つになって<美しい音楽の世界>に心を向る「家族連弾」・・・そこに、新しくブラームス「子守唄」が加わりました。

 日本に音楽が根付く時代を夢見て、今後も珠玉の名曲のアレンジ楽譜電子書籍出版を続けてまいります。
d0016397_11304280.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-09 11:30
 6日は大牟田の平原小学校へ歌唱指導に行ってまいりました。6月下旬に一度訪問して、主に<発声法>について指導。今回は<歌唱法>の指導ということで「ビリーブ」という曲を使っての2時間の指導です。

 2時間で十分な成果をえて、それは良かった・・・のですが、いくつか考えさせられたこともございました。毎年2月に学習発表会を実施、その最後に全員合唱でこの曲を歌います。「普段はどの様な方法で練習しているのだろう?」と思っていましたが、毎日の朝礼の折にCD(ピアノ伴奏)に合わせて歌っていたそうです。そこで最初にCDの伴奏で一度聴かせてもらう事に致しました。

 「伴奏のテンポが遅すぎる!」・・・明らかに、小学生の誰もが歌える様に<遅いテンポ>で録音されていました。ある意味で「子供に寄り添った」考え方なのでしょうが、本来コノ曲が内包している「気持ち」「メッセージ」とはズレがあります。「何を歌おうとしているのか?」が不明となって、子供達は「なぁ〜んにも考えず」ただ声を出しているだけ・・・でした。これでは「歌」によって子供達から『何』を引き出そうとしているのか・・・という点で<本末転倒>になりはしないでしょうか?このままCDに合わせて歌い続けても、どこにも<到達>することは無いでしょう。
d0016397_13053084.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-07 13:05

 10月23,30,31日に及んだ徳山小学校での演奏会が無事終了いたしました。同じプログラムで4〜6年の全9クラスを対象に(音楽室で)実施した今回の<派遣事業>では、幾つもの大きな収穫を得ることができました。


 演奏者のアンサンブルが練り上げられ、純度の高い生演奏を実現できたこと。「ハンガリー舞曲第4番」最後の9回目では、ジプシーのヤサグレた危険な気配までもが溢れて、秀逸な演奏となりました。全体に高度なアンサンブルと音楽が得られたと思います。


 あるクラスで、全員が<食い入る>様に集中している様子が伝わって来るのに、えらく感心いたしました・・・しかし、話は<ソレで終わり>では無かったのです!終演後、帰りの支度を終えて控え室を出たところで、教頭先生が話した事は、「あのクラスは少し落ち着きのない子もいたりして、少し悩みを抱えているクラスなんです」「その生徒達が食い入る様に音楽に集中している様子に感動しました」・・・・!!!


 音楽は<共鳴>し<共感>する事で伝わって行きます。「共感するとは何か?」永年真摯に教育に携わってきた先生が、「長年の夢」を実現したい・・・と、今回の企画を立案し、私に投げかけてきたのがそもそもの始まりでした。教師としての『慧眼』が、今回の<企画の勝利>を生み出したのです。

d0016397_00561401.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-11-01 00:56

秋冬の花壇

土曜日はMLBを観たあと、秋冬の花壇の準備。前日買ってきたパンジーの植え付けを行いました。苗の力が少し弱いように感じたので、プランターに四つ植え付けました。若し生命力が強ければ、ワサワサとなるかも知れないが・・・植え付けした直後は何となくヨタヨタ感があるけれど、一日経てばスッキリするでしょう。
d0016397_17302259.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-10-29 17:30

<徳山>日帰り演奏旅行

 今日の起床は5時30分、7時17分<博多>発の新幹線で<徳山>へ。9時から10時のリハーサルを経て、学校の都合で今日は10時20分から2コマの演奏のみ。午前中に終了いたしました。


 1クラス毎の音楽室での音楽鑑賞会です。講堂に全校生徒を集めて1回の演奏で済ますのが通例ですが、今回は全部で9クラスの生徒を対象に、9回の鑑賞会を実施します。こんな贅沢な体験は文化庁の予算だからできることで、<目の前で生の演奏に接する効果>に期待して学校の担当者が立てた企画、企画を立案した先生の見識が光ります。


 結果は先生の狙い通り、子供達の「心」を深くえぐる体験となった様子でした。次は30,31日、一泊二日の<徳山>が予定されています。

d0016397_20035830.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-10-23 20:04

「泪壺」の金木犀

 この夏の酷暑を恐れてずっとお休みしていたノルディック・ウォーク、久しぶりに再開して、近くの四王寺山の散策に出かけました。
 中腹の駐車場から遊歩道を登り、途中から左に折れてなだらかな下りの道を下りてゆきます。この先の道端には大きな金木犀の木が数本あって、例年登っては小さな小枝を手折って所長室に飾っていました。今年はすでに時期を過ぎているので諦めていたのですが、ほんの少しだけ黄色い花が残っているのを発見!すぐ隣の木には白い花も発見しました。小枝を少し頂戴して帰り、友人の陶芸家<山本源太>の作品「泪壺」にいけました。
d0016397_19273752.jpg


[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-10-16 19:28

<旅の同窓会>

 昨日は仲間たちと福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)の森麻希さん(ソプラノ)のコンサートへ。6月のイタリア・バスク地方を訪れた方達を中心に、<jmc欧州芸術の旅>へ参加したメンバーの同窓会となりました。

 終演後は、ホールに併設された喫茶室で旅の想い出話に花を咲かせ、秋晴れの好天にも恵まれて、爽やかで気持ちの良い半日を過ごしました。
d0016397_08060503.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2018-10-14 08:06