クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

〝歌舞伎〟と〝能〟

 BSで中村吉右衛門の番組を観ました。そしてつくづく『日本の不思議』について考えさせられました。<日本の精神文化の核>を形成してきたのは『能』(禅)だと思います。支配階級であった武家に必須の教養は『茶道』と『能』でした。『能』は省ける物を極限まで省いて、その省かれた全ての部分を「鑑賞者のイマジネーション」で満たすと言うスタイル、世界でも実にユニークな芸能だと言えるでしょう。

 その点、「歌舞伎」は<誰にでも理解できる>ような表現に努めます、だからファンも多い。しかし日本の高度な精神文化は『能』によって鍛えられたことは疑いようもないことだと思います。これが世界でも非常にユニークな『日本人』を生んだ大きな要因の一つである・・と言えるでしょう。

 現代の世の中・・・<韓流ドラマ>に代表されるように、「あまりにも分かりやすい」物語の<垂れ流し>状態であることが何とも心配です。誰も<自分の頭>で考えようとしなくなる、いとも簡単に<情報操作>に乗っかってしまう・・・こんな日本の将来が、明るい訳がありませんよね。
音楽ブログランキング
[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-03-23 00:28

天才〝美空ひばり〟

 BSで〝美空ひばり〟の特別番組が放映され、「題名の無い音楽会」で歌った「トスカ」<歌に生き、愛に生き>(プッチーニ)を何十年ぶりに見ることができました。自宅のテレビで初めて観たあの時、途中から胸に込み上げてくるものを抑えきれず、嗚咽に咽びながら泣いたことを覚えています。音楽を聴いて<泣く>などと言うものは、そうそうあるものではありません。自分の人生でも数回・・・その一つがこの〝美空ひばり〟でした。それ以来「美空ひばりは天才!」と思っています。

番組中で「愛燦々」が歌われます。この微妙で繊細な感情を歌で伝えられるというのは、<神業>と言うしかない世界で、これこそ天が人間に授けた賜うた『歌う』と言う機能を、100%発揮できた<天才>のなせる技だと思います。

人生の晩年、人は誰しも様々な「想い出」を振り返り、人生の不思議を想います。どのような<想い>を抱こうと、どのような感慨にふけろうと・・・時は『川の流れのように』ただ流れ去ってゆくだけ・・・『その想い』が歌声に明瞭に現れて、伝わってくる(しかもテレビ映像にも関わらず!)・・・<天才>です!〝美空ひばり〟

ところで「題名の無い音楽会」、指揮は秋山和慶さんだったのですね!
音楽ブログランキング
[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-03-18 23:05
 3月25日(日)開催の〝春の合同発表会 〟 今年の<アンサンブル>はファゴットです。土曜日に最初のリハーサルが行われました。前回ファゴット奏者に来ていただいたのは6〜7年前になり、ファゴットをそばで見るのが初めてという生徒も沢山いました。良い勉強になることを期待しています。
<ファゴットとのアンサンブル練習>
d0016397_22203641.jpg

音楽ブログランキング
[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-03-18 22:21
九州の新聞社が合同で開催するピアノ・コンクールで、小学3年生の真莉ちゃんが最優秀賞・横山幸雄賞を頂きました。新しいグランド・ピアノも昨日搬入されて、更に大きく夢が膨らむ真莉ちゃんです。
d0016397_01275570.jpg

[PR]
by jmc_music2001jp | 2018-03-02 01:29