クラシック音楽、jmc音楽教室、音楽企画制作、音楽普及活動、青少年健全育成、メールはkeizo@ohata.name宛


by jmc_music2001jp
 新年になって“のだめカンタービレ”が新作<パリ留学編>とともに、前作の再放送も行われているようだ。

 ずいぶん前から音楽家仲間で“のだめカンタービレ”の名は耳にしていたのだが、最初に出会ったのはドラマ編の途中からでした。あまりに出来が良いのにビックリして、本当に感心しながらその後のドラマ放映を心待ちにして見たものでした。

 専門家から見ても「ソウだよなァ〜」と思えることが多かったのと、ドラマなのに漫画タッチで表現する手法の上手さにも感心しましたし。さらにはエンディングのラプソディー・イン・ブルーの音楽と(アニメ・タッチの)映像のコラボレーションの見事さにも驚嘆させられました。

 しかし何よりも毎回感心したのは演奏の完成度の高さでした。「どうしてこんなにイイ演奏なのだろう!」、オーケストラもピアノ独奏も素晴らしいのです。BS放送の来日オーケストラの演奏会よりも断然優れているのです。テレビ・ドラマでこれほどに聴こえてしまうと言うのは驚きで、前代未聞........。

 後で漫画を見る機会があって、ピアノは桐朋の後輩の演奏によるものだと分かりましたが、今回再放送の始めの部分を見て<なるほど!!>と膝を叩いたわけです。キットこうに違いありません(予想ですが.......)。

 千秋真一の幼少時代、チェコで出会った真一の師匠セバスチャーノ・ヴィエラ先生は、現職のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督が演じています(ちゃんと演技もやってるし・・・)。

 そうです!あの素晴らしい演奏はチェコ・フィルなのです!(きっとソウです、ドコにも書かれていないけれど・・・)チェコ・フィルならば説明がつきますし、納得もできます(私の極々勝手な推測ですから、そのつもりでお読みくださいネ。最新の単行本の謝辞に「東京都交響楽団さま」と掲載されているようです・・だとしたら、誰が指揮しているのだろう?・・いずれにしても、最大の関心事には違い無い)。

 漫画タッチのドラマながら(安っぽくなく)、見る人を惹き付ける最大の原因は、その音楽の質の高さからきているのだと思います。真一の心情を表すのにクラシックの名曲が映像のバックに流されますが、その選曲にもいつも感心させられます。
[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-02-08 01:07 | 芸術随想

後期試験

 非常勤講師を勤めている福岡女子短大音楽科、今は後期試験期間中にあたります。試験期間の初日、1月30日に担当のアートマネジメント入門の試験が実施されました。

 課題は<フローチャート>を書きなさい・・・と言うことで、与えられたテーマにそってフローチャートを作成するものです。(テーマはこのブログではナイショにしておきましょう。来年も同じテーマで実施するかも知れないので........)

 TV番組「日本で一番受けたい授業」である講師が言っていました。「頭の良さとは段取り力」だ・・・「ナルホド」っと思いました。フローチャートとは「段取り力」に他なりません。スマートなフローチャートが書けると言うことは、スマートな知性の証とも言えるでしょうね。

 人に「伝える」にしても「受け取る」「理解する」にしても、「問題を解決する」場合においても《情報処理能力》が問われると思います。世の中のもめ事の8割くらいは<情報処理の不備>に起因するのではないでしょうか?・・そんな気がします。
<フローチャートに取り組む学生たち>
d0016397_21165996.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-02-04 21:17 | jmc支援事業

V&E倶楽部の新年会

 2日の夜は木村貴士さんの主宰するV&E倶楽部の新年会に出席いたしました。木村さんはNPO法人「師範塾」の初代理事長、学校の「先生の意識改革」を、日本の学校教育現場改革の糸口にしようと、「師範塾」を設立なさいました。

 この師範塾の活動は、安倍前総理の「美しい国、日本」と言う時代の流れの中で、マスコミにも注目され、政府にも注目されるようになりました。設立当初から応援していたので、この間の推移を見て「ヤレ安心」と(何だか)肩の荷をおろしたような気分です。ロータリー2700地区の今年の地区大会でも師範塾の新理事長の講演が計画されています。

 2005年に理事長を退任なさった後の消息は存じ上げなかったのですが、数ヶ月前にテレビで青少年対象の塾を主宰なさっている様子を拝見して、とても嬉しく感じました。

 と申しますのも、2003年から3年間活動した「福岡土曜クラブ」、私自身が日本の子供の教育について居ても立ってもいられない思いから始めたものですが、その初年度の「ディベート」講師として、木村さんにご協力いただいたという経緯があったからです。

 欧州留学から帰国して二十数年、国際化の波が押し寄せる時代の変化に対して、学校教育がほとんど対応できていないと言う状態が続いていました。そのような現実に強いいらだちのようなものさえ感じていましたが、とうとう我慢も限界にきて「とにかくヤルッ!!」・・と始めたのが「福岡土曜クラブ」でした。

 ロータリー仲間にも協力を呼びかけスタートさせたのは平成15年7月です。<一石を投じる>思いで始めた活動です、内容については「所長の音楽日記」ブログに掲載したと思います。関心のある方はブログをご訪問ください。

 木村さんは財界の支援をえて、2005年より東京で「バッカーズ寺子屋」を開講されました。「福岡土曜クラブ」で私がやりたかった事までを含み、彼の教育における信念がギッシリと詰まったカリキュラムが編成されています。私は嬉しくて嬉しくてたまらない思いです。

 木村さんのような教育のプロが全力でかかわれば、必ずや大きな成果がえられるでしょう。現に東京では成果が確認され、今年7月からは「バッカーズ九州寺子屋」が開講されます。心の底からエールを送りたいと思います。

「バッカーズ九州寺子屋」 http://www.backers-kyusyuterakoya.com/
<左、主宰の木村貴士さん。右、集まった40名の支援者。燃えるJCメンバーの挨拶>
 
d0016397_2412498.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-02-04 02:51 | jmc支援事業
 今晩は指揮者の秋山和慶・大山平一郎の両氏と夕食を共にいたしました。無農薬有機栽培の食材が評判を呼んでいる居酒屋、「隠れ家」のコンセプトで設えられた個室は、ゆっくり話をするにも十分でした。

 話は先ず<トーサイ music-net>に関してのプレゼンテーションから始め、質問や意見交換等々大変意義のあるものとなりました。今後、大山氏も共に協力して準備を進めることとなり、<トーサイ music-net>がさらに一歩力強く前に踏み出したと感じています。

 <トーサイ music-net>の話もさることながら、40年振りに桐朋学園の当時の話に花が咲き、「アレやコレや」と夢中になって、溢れ出る記憶に目を輝かせながら話し込みました。

 あの青春時代に斎藤秀雄先生から学んだ精神を<トーサイ music-net>の中に生かし、継承して行ければいいなと思います。時間と手間はかかりますが、やりがいを感じる事業。慎重に、十分に検討をかさねつつ推進してゆきたいと思っています。
<左から、秋山さん・大畑・大山さん>
d0016397_3292082.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-02-02 03:29 | jmc支援事業

4日連続の1位

 jmc音楽研究所《最新情報》ブログは、1月29日に1位にランキングされて以来、4日連続で1位をいただきました。

 嬉しいやら驚くやらですが、これもひとえに読者の皆様のご支援の賜物と、心より感謝いたしております。

 新春そうそうに、私どもにとっては驚きの、ビック・プレゼントでした!
有り難うございます。

jmc音楽研究所 所長 大畑惠三
[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-02-01 15:33 | jmc支援事業

チョットしたBig News!

 このjmc音楽研究所《最新情報》は「音楽ブログ・ランキング」に登録されています。昨晩仕事を終えて深夜2時に開いてみると、なんと!第3位。

 昨年末と今月の中旬に第4位にランクされて、少々嬉しく思っていたのだけれど、「第3位」とは驚きで、記念にプリントアウトしておきました。

 そして今日の夕方4時5分、開いてみて見ると<何とッ!>「第2位」ではないか!これはモウ本当に驚き!

 こうなったら、一度「第1位」が欲しくなるもので、お礼かたがた読者の皆様に『投票のお願い』ブログを書こうかしら・・・なんて思ってしまいました。

 先ほど<e-Book楽典>「初級2」の制作の追い込み作業を一段落して、21時2分に何気なく「音楽ブログ・ランキング」を開いてみると、ナナッ!何と「第1位」にランキングされているではありませんか!

 嬉しいやら驚くやらで・・・これもひとえに読者の皆様がjmc音楽研究所《最新情報》をご訪問くださり、投票してくださった御陰と、心より感謝申し上げます。

 本ブログのメニューより「音楽ブログ・ランキング」のバナーをクリックいただけばリンク先のランキング一覧にとびます。一度ご覧いただけますか?皆様のご協力の賜物。感謝!感謝です!
[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-01-29 22:25 | jmc支援事業

秋山さんとの打ち合わせ

 今日は午前11時に指揮者の秋山和慶さんとホテルのロビーで待ち合わせ。Thosai-netに関しての打ち合わせでした。

 Thosai-net(トーサイ・ネット)は秋山さんと2年以上かけて準備を進めてまいりました。活動の仔細は本ブログのメニューから<トーサイ・ネット>のブログに移動してください。目的や活動を詳しく掲載しています。

 Thosai-netは我々の恩師である斉藤秀雄の音楽教育者としての理念を継承しようとするものですが、さらに各拠点都市に<音楽家と愛好家とが交流できる場>を作ろうと言うプランも持っています。

 そこでの交流を通じて「お互いが友達になる」そのような集いの場、<ホッと安心できる>ような集いの場にしたい・・・そのような場から音楽愛好家が育ち、音楽家が育つような環境を醸成してゆきたい・・と願っているのです。

 その組織形態や運営について意見交換をいたしました。2月よりjmc音楽研究所を会場に、そのような集いをスタートさせようと思っています。それは全国に一般化できる運営形態を明らかにする実験の場でもあります。

 次回は2月1日(金)新たなメンバーが一人増えて、打ち合わせを予定しています。
[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-01-29 02:41 | jmc支援事業

春のそなえ

研究所の向かいに植え込みがあって
 この秋から新春にかけて
  亡き母が植えた小菊が咲いていました

新春の声を聞くと
 衰えを見せ始めた菊たちは
  中旬を過ぎる頃からは枯れはじめ

 二十日すぎるころには
  茶色の茎の茂みが 廃屋の凄まじさを感じさせるばかりに
   一面、枯れ果ててしまいました。

ところが昨日
 市役所の嘱託で
  シルバー人材銀行の方々が
   枯れた菊の茎を きれいに刈り取ってくれていました。

そこから現れたのは
  やわらかい緑あふれる《若草》
     みにくく枯れはてた茎の下には
       もう『春』の準備が調えられている.......感動でした
 
d0016397_2463473.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-01-27 02:49 | 芸術随想
 <e-Book楽典>のMac.版とWin.版が「体験版」「入門」「初級1」についてそれぞれ完成いたしました。新年に新しいコンピューター・システムを導入して以来の作業で、約2週間ほどかかりました。

 世の中には一般に二つオペレーション・システムが稼働していて、一つがマッキントッシュもう一つがウィンドウズのOSです。<e-Book楽典>は此れ等に共通したシステムを目標に開発に取りかかったのですが、現状では片方において細部の不具合が発生する場合もあるようですから、「安心して使えるように」とそれぞれのOS専用のバージョンを準備することにしたのです。

 年末に発注して4日に機材と開発ソフトが到着し、そのセッティングにも少々苦労させられました。今年の正月はそんな正月でした。<小さな難問>にいくつもブッツカリながらも、ようやく切り抜けることができました、めでたし・メデタシ!!
[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-01-23 03:14 | jmc音楽教室
 19日(土)は第89回<jmc音楽サロン>の日(実は、私の誕生日でもあります)。サロンに出すお酒を紹介しておきましょう(終わった後の報告だと、空ビンになってしまいますから........)。

 今回の酒は一升瓶六本、左から右への順番に出そうと思います。最初は柔らかく広がりのある「開運」(無濾過純米生酒)です。サロンの最初に飲むには最適のお酒で、「うわッ!!」と言う声と共に、皆の心がぱッと広がります。

 次は菊姫「にごり酒」。これも皆が大好きな生酒です・・・ここらあたりですでに随分とシアワセになっています。

 今回はこの次に<最も本格的な酒>をもってこようと思っています。菊姫「鶴乃里」(山廃純米限定酒)と菊姫「平成八年特吟」。これらの酒はあんまり本格的すぎて、皆でワイワイ騒いだり酔っぱらった状態ではとても理解できないほどの<位>の高い酒なのです。

 「鶴乃里」は昨年秋、ロンドンのコンクール日本酒部門で <チャンピオン・サケ>と言う日本酒の頂点としての栄誉ある賞を獲得したもの。私が一番驚いているのは、これほど難解な難しい酒をチャンピオンに選んだ、審査員の味覚の素晴らしさです。うかうかしていると全く分からないまま終わってしまいそうな「鶴乃里」に、酒の本質を嗅ぎ分けた本物達・・・恐るべし!世界には<本物>がちゃんと居るんですね!

 菊姫「平成八年特吟」は菊姫社長の秘蔵酒。大吟醸「吟」と言うのが菊姫最高クラスの酒で、それを3年寝かせて熟成させたものを「黒吟」として発売しています。つまり通常はコレが最高の菊姫です。ところが「平成八年特吟」は十年ねかせたものから社長のお眼鏡にかなった酒だけを「特吟」として特別に世に出したものです。(私は迷わず買い求めました)(まだ酔いが廻っていないうちに、この二本をジックリ味わいます)

 次に福岡八女の純米大吟醸「福徳寿」(繁桝)。最後に東洋美人「壱番纏」純米大吟醸。「壱番纏」は今回注目の大吟醸、山口の若手天才杜氏と噂の高い澄川杜氏入魂の大吟醸、否が応でも期待が膨らみます。

 これらの銘酒に吟味した肴をあわせていただきます。
<左から、開運・にごり酒・鶴乃里・平成八年特吟・福徳寿・壱番纏>


 
d0016397_4334224.jpg

[PR]
# by jmc_music2001jp | 2008-01-18 04:33 | jmc音楽教室